フライフィッシング データバンク

釣りバカ先生さんのフライフィッシングブログ(1)

FFDBメンバー「釣りバカ先生さん」のフライフィッシングブログ

現在位置
 > 釣りバカ先生さんのフライフィッシングブログ(1)
フライフィッシング動画
渓流フライフィッシングブログ
マイページ
フライフィッシングデータバンク・フェイスブックページ
フライフィッシング紀行 富山県・立山川
プロフィール写真
釣りバカ先生さんのブログ
フライフィッシングブログ一覧
釣りバカ先生さんのプロフィールを見る
フライフィッシングブログ(一般)の登録
フライフィッシングブログ(フィールドの話題)の登録
フライフィッシング釣行記録の登録
(全9件のブログ記事 1件目から表示中)
次ページへ
一般ブログ記事
2019年3月24日
3度目の蒲田川・・・大苦戦!
写真1
 解禁から約1か月の蒲田川、当然プレッシャーは高くなっているだろうと思っていました。しかし、天気予報は蒲田日和。何とかなるだろうと、楽観的な気持ちで出かけました。
 でも、現実は甘くはなかったです。前日よりもかなり冷え込んだため、ハッチがほとんどなく、午前中はライズも皆無。おまけに約1か月の間、多くの釣り人たちに鍛えられたサカナたちはスレッスレ・・・解禁当初のウブなヤマメはどこへやら。リアクションが速いの何の、おまけに出る瞬間に反転されたりと、散々に翻弄されました。
 結局、午前中はノーキャッチ。昼ご飯を道の駅上宝の「たぬき」さんで摂りました。ここの「軍鶏焼き定食」は絶品です。一度お試しあれ。
 午後はライズがチラホラ。フライは午前中に使用していたダン系からイマージャー系の半沈みタイプに変更しました。これに換えて、何とか5匹釣り上げることができました。難しかった・・・。
 そろそろ私の腕では太刀打ちできなくなってきたので、次は長良川の支流の里川巡りにしようかな。帰りに「ひらゆの森」で冷えた体を温めてから帰路に着きました。
  
一般ブログ記事
2019年3月10日
今週も蒲田川!
写真1
写真2
写真3
写真4
 日曜日は、午後から雨予報。こういう日はよく釣れます。空気がドンヨリして暖かく、カゲロウのハッチが多いからです。8時に川に入ったのですが、すでにシロハラとフタバがハッチしています。9時過ぎからハッチはさらに増え、それに伴いライズも増えました。
 フライはハッチサイズに合わせて、18番前後のものを使用しました。もう少し暖かくなってマエグロが出てくれれば、12番前後のサイズが使えるので楽になるのですが。リーダーは25フィートにして、ナチュラル・ドリフトを心掛けました。
 反応は大変良く、次々とフライに反応します。ただ、ニジマスが多いです。CR区間の下流域は、ヒットした魚の半分がニジマスでした。先週ほどではないですが、今日もすっかり数釣りとなり、昼までにニジマス8匹、ヤマメ14匹となりました。でも、型がねぇ・・・どれもこれも20センチほどの手のひらサイズばかりです。魚は濃いのに何だか満たされない気分になるのは、蒲田らしく冬にタップリと水生昆虫を食べて豊満なボディーに育った大型ヤマメが解禁から釣れないからです。私、ゼイタク? 恐らくこのように思ってみえる方も何人かいらっしゃるかと思うのですが。秋に稚魚放流だけ行うという放流方法を、少し改善してほしいですね。
 そろそろ、尺ヤマメが釣りた~い!!

 
  
一般ブログ記事
2019年3月2日
蒲田川解禁!
写真1
写真2
写真3
写真4
 3月2日(土)解禁2日目の蒲田川に釣行しました。蒲田日和とは正反対のピーカン、おまけにすごい人・・・最悪のコンディションです。
 しかし、さすがは蒲田川。解禁したばかりの初心(うぶ)なサカナたちは次々にフライに飛び出てくれました。フライはフタバコカゲロウが9時頃からハッチし始めたので、18番のソラックス・ダンやイマージャーを主に使用。
 秋の稚魚放流で魚影は抜群に濃かったですが、サイズはヤマメは20cmから25cmほどのものが主流で、大型は出ませんでした。ただ、ニジマスがやたら増えていて、この日は40cmのレッドバンドを筆頭にニジマスだけで10匹ほど釣れました。何だか少し複雑な心境です。本来はヤマメとイワナの川なのに、徐々にニジマスの川になりつつあります。まあ、掛かった瞬間に突っ走るファイトは楽しいですが。私としては、大型ヤマメのクネクネしたローリングも味わってみたいのです。
 とにかく、今日はよく釣れた! 数はきちんと覚えていませんが、朝8時半から夕方4時過ぎまでで、少なくともヤマメは20~25cmを30匹以上、ニジマスは25~40cmを10匹以上釣ることができました。
 これから日にちが経つにしたがって、徐々に人馴れして難しくなると思いますが、それがまた楽しいんだよね!
  
一般ブログ記事
2019年2月11日
今週は郡上!
写真1
写真2
写真3
写真4
写真5
 先週に続き、今週は郡上の解禁日です。八幡大橋の下へ8時頃に到着。ここは昨年の秋に稚魚放流を行っただけで今年は成魚放流はありません。と、いうことは絶対に空いている! さらに目の前でバケツから放流された魚を再回収するような虚しい思いをしなくてもいい! 果たして私の思い通りの状況となりました。
 到着して八幡大橋の下を見るとライズがチラホラ・・・ユスリカが少しハッチしていたので、アダルトを結び10投目くらいでヒット! まだまだ可憐なアマゴでした。
 ライズはまだ続いていましたが、対岸からフライマンがこのライズを発見したらしく、波を立ててウェーディングしてこちらに向かってきます。当然ライズは終了・・・トホホ・・・まあ、釣れたからいいか。少し上流に場所を移すものの状況は好転しなかったので、昼前に上がりました。
 翌日も郡上です。今朝は重たい雲が垂れ込めていたので、もしやライズ日和か!? とも思ったのですが、気温が上がらずハッチがないため、ライズはほとんどありません。昨日の八幡大橋の下も、朝は時折跳ねるだけでした。そこで、昨日放流があった美並地区の有名ポイントへ。昨日の解禁日とは打って変わって人影はまばらです。餌師とルアーマンがチラホラで、フライマンはいませんでした。時々流心で跳ねますがライズではない模様。1時間ばかりピューパやニンフを沈めてみましたが反応なし。寒さに耐えきれず11時過ぎに終了です。今日はボーズに終わりました。
  
一般ブログ記事
2019年2月3日
長良川解禁!
写真1
写真2
写真3
 待ちに待った解禁です。2月3日(日)に長良川中央管内に出かけました。自宅から15分ほどなので、ゆっくりと出かけました。今年の解禁は厳しい状況で、あまり好釣果を上げた方がいないとか。
 いつも解禁の日は、1匹釣ったら上がることにしています。長良川のシラメ釣りは、ワインで例えるとボジョレーヌーボーみたいなもの。全国に先駆けて解禁する川で、とりあえず今年のファースト・フィッシュをゲットすることに意義があります。魚は数日前まで養殖池を泳いでいたものなので、特別にきれいというわけではありませんが、この日釣れるか釣れないかで、今年の釣りの運試しをしているみたいな感じがします。昨年は昼過ぎまでかかってしまいました。
 朝8時に長良川支流の武芸川の宝見橋に到着。すでに多くの人が竿を振っています。ここはウェイダーを履かなくてもブーツで十分なので軽装で釣りができます。ライズがない状況だったので、18番のオナシカワゲラのニンフを選択。すると、開始30分あまりでめでたくシラメをゲット! 
 すぐに上がるつもりでしたが、9時半ころになるとユスリカのハッチが始まり、ライズがチラホラ。1匹で上がるはずが、少しだけ延長します。24番のピューパをシラメが咥えましたが、ランディング寸前でフックアウト(泣)。でも、まあ釣れたからいいか。
 今年は、余裕で昼前に撤収することができました。今年はいいことありそうです。来週は郡上の解禁に行くつもりです!!
  
(全9件のブログ記事 1件目から表示中)
次ページへ
新着フライフィッシングブログ
プロフィール写真
◆2019年3月24日
釣りバカ先生さん
プロフィール写真
◆2019年3月21日
ごめんねルアーマンでさん
プロフィール写真
◆2019年3月18日
としさん
当サイトに掲載の記事・動画・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright©2019 フライフィッシング データバンク. All Rights Reserved.