フライフィッシング データバンク

waggaさんのフライフィッシングブログ(1)

FFDBメンバー「waggaさん」のフライフィッシングブログ

現在位置
 > waggaさんのフライフィッシングブログ(1)
フライフィッシング動画
渓流フライフィッシングブログ
マイページ
フライフィッシングデータバンク・フェイスブックページ
フライフィッシング紀行 富山県・立山川
プロフィール写真
waggaさんのブログ
フライフィッシングブログ一覧
waggaさんのプロフィールを見る
フライフィッシングブログ(一般)の登録
フライフィッシングブログ(フィールドの話題)の登録
フライフィッシング釣行記録の登録
(全17件のブログ記事 1件目から表示中)
次ページへ
釣行記録
2022年9月18日
箒川水系 某沢(2022年9月17日)
2022年9月17日
栃木県箒川水系 某沢
約4時間
 
イワナ
15~19cm
3匹
イワナ
25~29cm
1匹
 
カディス系
エルクヘアカディス
 
1 匹 / 1時間
 
平均: 19.5 cm
写真1
写真2
写真3
9時から釣り始め、1時間で小型1匹。上流を目指していると、3人組が降りてきた。先行者がいたのか。。。だいぶ上まで行ったという。。。
これでは反応が良いわけないか、と苦笑い。
それでも、すべてのポイントが荒らされたわけではないだろうし、丹念に探り、ゆっくりめに上っていれば、最上流部に着くまでには魚も警戒を解くかななどと期待しながら遡行する。
案の定、しばらくすると小さなポイントで一尾追加。19㎝。ちょっと物足りない。
さらに遡ると、だんだんナメてくる。あまり隠れ処もなく、魚もいなそうに見えたが、滑床の割れたスリット状の場所や、大岩の下に魚影を確認。
このところよく釣れるアプローチを試す。岩の手前から、こちら側から見えない向こう側へサイドキャストして流す。手前から徐々に奥へ。当然自分の投じたフライは見えない。そのかわり魚からもこちらの姿は見えていないはず。
反応がないので期待とあきらめがない交ぜのなか、さらに数投。フライを流しその様子は見えないままピックアップしようとするとずっしりと重い。どこかに引っかかったかと思ったが、急に動き出し、岩の間に入り込まれてしまった。強烈な引きで、同行者によれば、竿は満月状にしなっていたようだ。潜り込んだ岩陰から小さいイワナが出てくる。ラインが岩にズズズっとイヤな感じでこすりつけられる。切れる、、、やや強引に引っ張り出すが、またも岩下に潜り込まれる。糸が擦れる。これ以上岩にすりつけられると、ティペット部が切れる。6xなので、そんなに保たない。竿を立てると同時にラインを直接引っ張って引き寄せる。本当に強い。魚影から尺はないことはわかったが、昨年釣った30㎝のイワナより引きが強い。
ようやくネットに入れると、バラしの不安から解放されホッと安堵すると同時に、強い引きをもう少し味わいたかったさみしさも感じた。計ってみると、26.5㎝だった。この後もう一尾追加したが、このときもう満足してしまっていて、貪欲さがなくなってしまい、早めに納竿した。
  
釣行記録
2021年8月9日
桂川水系 某川支流某沢(2021年8月5日)
2021年8月5日
山梨県桂川水系 某川支流某沢
約5時間
 
イワナ
30~34cm
1匹
イワナ
20~24cm
1匹
イワナ
15~19cm
2匹
 
テレストリアル系
スパイダー
テレストリアル系
 
0.8 匹 / 1時間
 
平均: 22 cm
写真1
写真2
水量もちょうどよく、入渓早々から反応あり。期待をもって釣り上がるが、なかなか掛けられない。寝不足と、車どめから1時間以上の歩行の疲れで、早くもあきらめの境地。。。それでも入渓から2時間以上たってからようやく19cmのイワナ。結果的に大きくはなかったが、ものすごい引きで、ファイト中は尺近いかと期待させられた。引き味が良かったのでそれなりに満足。
その後も2時間、たいした反応もなく、源流部まで到達したため、折り返し下山。途中入っていない区間を再度試すことにして、少し釣りのぼってみる。反応がないまま堰堤まで至る。そこで、堰堤手前の瀬から何匹かのいいサイズのイワナが堰堤下の淵に入るのを目撃。
なかなか掛けるのは厳しいだろうと思いつつ、フライをEHCのテレストリアル系アレンジに変えていると、同行者(餌)に9寸ヤマメがヒット!
これに続けとキャストすると、すぐにヒット。大きい。が、、、ばらしてしまった。ヤマメだったと思う。気を取り直してキャストするとすぐにまたヒット。ただし、18㎝イワナ。目標はこれじゃない、、、
よくよく水面下を観察していると、黒い影が複数見えた。そのなかの大きい陰影に狙いを定めてその鼻先に何回かキャストすると、数頭目にグンッ!ドドン、と乗った!大きい!ひどく抵抗する。
ローリングして腹を見せながら抵抗するのでヤマメかと思ったが、寄せてくると細い体からイワナとわかった。それでも大きい。竿のしなりがすごいが、最初から大物狙いでリーダー直結なので切れる心配はほぼない。充分にファイトを楽しみつつ、おもむろにランディングネットを手にして引き寄せる。30㎝の尺イワナだった。(メジャーで測ったら数mm欠けていたけど、まあ尺でいいでしょうwww)
その後もこの淵でもう一匹22㎝のイワナを追加。同行者も8寸ヤマメを追加。
数は出なかったが、久々に満足できる釣行であった。
  
釣行記録
2021年8月8日
桂川水系 某川支流某沢(2021年6月12日)
2021年6月12日
山梨県桂川水系 某川支流某沢
約6時間
 
ヤマメ
20~24cm
1匹
ヤマメ
15~19cm
4匹
ヤマメ
15cm未満
1匹
 
カディス系
水面下のフライ
 
1 匹 / 1時間
 
平均: 17.3 cm
写真1
渇水で活性が低く、厳しい釣り。ドライでは難しそうだったが、ニンフはあまり使いたくなかった。21㎝ヤマメが最大。。。悔しさの残る釣行。
  
釣行記録
2020年10月11日
道志川水系 某沢(2020年10月3日)
2020年10月3日
神奈川県道志川水系 某沢
約3時間
 
イワナ
20~24cm
2匹
イワナ
25~29cm
2匹
ニジマス
20~24cm
3匹
ニジマス
25~29cm
1匹
 
メイフライ系
オリジナルのメイフライ(スタンダードタイプ)
カディス系
エルクヘアカディス
 
2.67 匹 / 1時間
 
平均: 23.9 cm
写真1
写真2
先月、今年初の渓流釣行で最後にいいのが掛かった思いを忘れられず、禁漁前の渓流、道志川の神奈川県側へ出かけた。道志川神奈川県側は10月14日まで解禁されている。
道志川の神奈川県側の上流、神之川の上流域を目指していたが、途中で通行止め・・・
道志川は、管理釣り場や釣り堀、山梨側との共同管理区域、友釣り専用区などがあって、ヤマメ、イワナ狙いの一般の「雑魚」釣りは、入る場所が限られるうえ、上記のエリアが連続しているのでどこで釣ってよくて、釣ってはいけないのかがわかりにくい。
苦労して、道志川本流に注ぐ小さな沢を見つけて魚止めまでの数百メートルをとりあえずの入渓点に決めて釣りを始めた。
開始して10分~20分程度程度か、本流と小沢の出合で、エルクヘアカディスに出た。本流の水量もあって、一旦下流側に逃げられてから、上流側で取り込むのは結構な引きというか、水圧と相俟って大変だった。
が、揚げてみると明らかに成魚放流のニジマス25~6㎝。拍子抜けした。
そこから沢側へ釣り登りはじめると、今度もEHCに放流ニジマスがヒット。がっかり・・・。
道志川本流近くじゃしかたないか、とあきらめていると、その次は23㎝くらいのキレイなイワナが釣れた。ヒレもピンとしてなかなか幸先がいい。少なくとも成魚放流ではないと思われる。この上はイワナかな、と期待をこめて釣り登る。
が、そこからは立て続けにニジマス2匹がメイフライに出る。いずれも25cmに満たない小さめの放流魚。
そこからよさそうな落ち込みが連続するが、なかなか掛けられない。
どんどん上ってゆくとまたよさそうな落ち込みが連続する、そこでまたキレイなイワナ、23~4㎝。
その後、前回9月18日を思い出して、岩陰から向こう側にEHCをキャストすると、一発で大物が乗った。ずっしりと重い。18日のより重い。はかってみると28cmだった。
その後、その場所でさらにもう一匹(26~7cm)。
その後魚止めまで遡上したが、まあまあの釣果に、どん欲さがなくなり、早々と納竿。






  
釣行記録
2020年10月11日
日川水系 某沢(2020年9月18日)
2020年9月18日
山梨県日川水系 某沢
約5時間
 
イワナ
15~19cm
3匹
イワナ
25~29cm
1匹
 
カディス系
EHC
水面下のフライ
オリジナルのニンフ
 
0.8 匹 / 1時間
 
平均: 19.5 cm
写真1
コロナ禍で自粛し続け、ここへ来て今季初の渓流釣行に期待が膨らむ。天候は薄曇りで悪くないが、水温低く渇水気味。
魚影はそこそこだが小さいのしか食ってこない。
10cm未満のは掛けないように合わせないし、かかってもバレるようにしないとそれに時間とフライを浪費してしまう。
20cmに満たないのを3匹程度かけて、まったく手応えも満足感も得られないまま、あきらめ気分。
小さいのがかからないようにあえて♯12の大きめのエルクへアカディスを結び、一応やっとくか、ぐらいの気持ちで非常に小さく浅い落ち込みの、岩の陰になっている向こうへキャスト。一瞬間ののち、グーンと、根掛かりかと思いきや、グングングン、ビクビクビクと生命感のある力強い引き!岩の向こうでかかったので慎重にラインを手繰る。小渓流なのでライントラブルが起きないよう、手繰ったラインを素早くリールに収納した。3番の柔らかい竿は鋭角に曲がり、久しぶりの渓流釣りでの楽しい釣果にどきどきしながら、1度失敗しつつランディングネットに取り込んだ。
美しく大きなイワナだった。
手応えから尺物かと思ったが、9寸越え27.5cmだった。
同行者も28cmを釣り、その日の帰りは足取りも軽やか、帰り際の遅めのランチも美味、車中は終始楽しい空気であった。
もちろん晩酌が格別だったのはいうまでもない。
尺は越えなかったが、今年最初の渓流釣りで、いいシチュエーションでいいかけ方をして、いいサイズのイワナが釣れ、本当に楽しい一日になりました。
  
(全17件のブログ記事 1件目から表示中)
次ページへ
新着フライフィッシングブログ
プロフィール写真
◆2022年9月21日
西洋毛ばり人さん
プロフィール写真
プロフィール写真
◆2022年9月18日
waggaさん
当サイトに掲載の記事・動画・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright©2022 フライフィッシング データバンク. All Rights Reserved.