フライフィッシング データバンク

大倉川(2019年9月26日)【ooruriさんのフライフィッシングブログ】

FFDBメンバー「ooruriさん」のブログ

現在位置
 > 大倉川(2019年9月26日)【ooruriさんのフライフィッシングブログ】
フライフィッシング動画
渓流フライフィッシングブログ
マイページ
フライフィッシングデータバンク・フェイスブックページ
WILD-1スタッフと歩く飯豊連峰・秘密の源流
プロフィール写真
ooruriさんのブログ
フライフィッシングブログ一覧
ooruriさんのプロフィールを見る
ooruriさんのフライフィッシングブログを見る
フライフィッシングブログ(一般)の登録
フライフィッシングブログ(フィールドの話題)の登録
フライフィッシング釣行記録の登録
釣行記録
2019年9月27日
大倉川(2019年9月26日)
2019年9月26日
福島県大倉川
約2時間
 
ニジマス
35~39cm
1匹
 
テレストリアル系
マドラーミノ-#10
 
0.5 匹 / 1時間
 
平均: 37 cm
写真1
写真2
渓流も来月から禁漁。天気も良かったのでノンビリ11時から釣行。先行者らしき車2台。気温20度.水温16度.ちょっと水量少ない。時間も時間なので先行者は大夫上陸まで行っただろうと思いいつもの場所から釣行。出ない。たまに平瀬で小さいのがつつくが食わない。堰堤下の淵の開き。何かが動いている。1メ-トル程上流にキャスト。見に来るが食わない。何キャスト目かに深場へ消えた。落ち込みにキャストして沈めてみた。ラインがちょっと張ってきたときに手ごたえ。合わせるとガンガン引く。やっといなしてネットイン。ヤマメかと思ったら何か違う。ニジマスだった。上陸の養鱒場から逃げた奴かな。車に戻る途中郡山から来たと言う70歳前後の餌釣り師と会話。腰からぶら下げたジプロックに小さいヤマメが1尾入っていた。可愛そう。游漁券も見当たらない。何だかんだ注意するのも気が引けたので言わなかったが游漁券を持っているなら見えるところにつけてほしい。たぶん持ってないと思うが。老若男女に問わずル-ルは守ってもらいたい。游漁券販売の収入がなければ渓流河川の維持管理は出来ない。漁協も釣行者に対する啓蒙活動も必要。立札なんか全然立っていない。游漁券の販売所も明記すべき。監視員なんかあったこともない。本当は天然魚を釣りたいがほとんど不可。放流で維持するしかない事を釣り人は理解すべき。
新着フライフィッシングブログ
プロフィール写真
◆2019年10月27日
キングフィッシャーさん
プロフィール写真
◆2019年10月6日
tecchieさん
プロフィール写真
◆2019年10月2日
tecchieさん
当サイトに掲載の記事・動画・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright©2019 フライフィッシング データバンク. All Rights Reserved.