フライフィッシング データバンク

奥日光・湯川(2022年8月12日)【Irmao Kayさんのフライフィッシングブログ】

FFDBメンバー「Irmao Kayさん」のブログ

現在位置
 > 奥日光・湯川(2022年8月12日)【Irmao Kayさんのフライフィッシングブログ】
フライフィッシング動画
渓流フライフィッシングブログ
マイページ
フライフィッシングデータバンク・フェイスブックページ
WILD-1スタッフと歩く飯豊連峰・秘密の源流
プロフィール写真
Irmao Kayさんのブログ
フライフィッシングブログ一覧
Irmao Kayさんのプロフィールを見る
Irmao Kayさんのフライフィッシングブログを見る
フライフィッシングブログ(一般)の登録
フライフィッシングブログ(フィールドの話題)の登録
フライフィッシング釣行記録の登録
釣行記録
2022年8月12日
奥日光・湯川(2022年8月12日)
2022年8月12日
栃木県奥日光・湯川
約4時間
 
その他
20~24cm
6匹
その他
15cm未満
4匹
 
水面下のフライ
 
2.5 匹 / 1時間
 
平均: 18.8 cm
写真1
写真2
写真3
写真4
約2週間ぶりの湯川、前回の訪問時よりも川の流れが細く、流れが穏やかになり水深が無かった。当然ながらブルックの警戒心は高くなっているようで、浅瀬に出て水面の虫を追う様子は無く、ブルックの姿が見えない状況。

この状況ではフライを流しても飛びついてくれる程の活性は見込めないと現場で考え、提灯釣りに変更。

水深がある程度あり、更に水の流れが緩やかな、水がほぼ留まっているような場所を見つけて、竿を伸ばして流れに乗らないように重りを使ってブドウ虫を沈めると、随所でアタリがありブルックの反応は観られた。

逆に水流がある場所ではアブラハヤが出てきて釣れる状況。今日のブルックは流れのある場所を好んでいないご様子。

小田代橋から小滝下に掛けて釣り上がり、午前中だけの短時間でしたが数釣りは楽しめた。特に小滝下の滝壺では提灯釣りで4匹釣ることが出来ました。

ことごとくフライを投げ込めないような場所にブルックが潜んでいたので、今日はゴメンねエサ釣り師になりました。
新着フライフィッシングブログ
プロフィール写真
◆2022年9月21日
西洋毛ばり人さん
プロフィール写真
プロフィール写真
◆2022年9月18日
waggaさん
当サイトに掲載の記事・動画・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright©2022 フライフィッシング データバンク. All Rights Reserved.