フライフィッシング データバンク

シャロムの森(2022年8月16日)【西洋毛ばり人さんのフライフィッシングブログ】

FFDBメンバー「西洋毛ばり人さん」のブログ

現在位置
 > シャロムの森(2022年8月16日)【西洋毛ばり人さんのフライフィッシングブログ】
フライフィッシング動画
渓流フライフィッシングブログ
マイページ
フライフィッシングデータバンク・フェイスブックページ
フライフィッシング紀行 富山県・立山川
プロフィール写真
西洋毛ばり人さんのブログ
フライフィッシングブログ一覧
西洋毛ばり人さんのプロフィールを見る
西洋毛ばり人さんのフライフィッシングブログを見る
フライフィッシングブログ(一般)の登録
フライフィッシングブログ(フィールドの話題)の登録
フライフィッシング釣行記録の登録
釣行記録
2022年8月16日
シャロムの森(2022年8月16日)
2022年8月16日
群馬県シャロムの森
約6時間
 
ヤマメ
19匹
イワナ
2匹
 
カディス系
12番スズメバチカディス
テレストリアル系
14番アントパラシュート
その他のドライ
14番CDC
 
3.5 匹 / 1時間
 
平均: 0 cm
写真1
写真2
写真3
写真4
写真5
2022.8.16 GO TO シャロムの森
釣果21匹(ヤマメ19イワナ2)
状況
・天気  晴れ
・気温  24℃(9時半受付棟)
・水温  17℃(10時半L1入渓点)
・水位  平水(例年比較)
・水位  減水(前回釣行2022.8.8比較)
・虫   ハエ、ブユ(渓流域)
・風   無風
 
サカナの活性
1投目から反応がある。高活性の予感!
足跡が無数に点在している。
お盆中に結構な人数が入渓したようだ。
 
サカナもそれなりに神経質になっている様子。
フライをじっくり見てUターンか
突っつきダッシュか
ってことが多い。
 
この区間も春とは全く渓相が違う場所が多いが、新しく形成されたポイントにもしっかりとヤマメが入っている。
周囲と比較してちょっと深くなっているなら、ヤマメが入っていることが多く、油断できない。
もちろんチャラ瀬であっても、チビヤマメが入っているので、しっかりと流す必要がある。
 
時折出現する大きなプールでは、中腰姿勢かつ10m以上の距離をとること。
瀬や小さなポイントでも状況によって異なるが、基本5m〜7mの距離を取らないと逃げられる。
・極力水には入らないこと。
・川を渡るときは、原則としてポイントより下流20mを渡ること。
・中腰姿勢を基本とすること。
つまり、ストーキング技術が釣果をかなり左右する。
 
フライは、12番スズメバチカディス。
しかし、補充用のフライボックスをクルマに忘れるという大失態。
午前中で12番スズメバチカディスは在庫切れ(釣果10匹)。
午後からは、14番アントパラシュート。
12番スズメバチカディスとは、フライを入れる場所が微妙に違うので、アジャストするのに手こずった。
アジャストできた後も反応が鈍い。
おそらく直近の入渓者はニンフを用いていると思われる。
(テンカラの可能性も・・・・・)

だましだまし釣り上がる。
14番アントパラシュートは、Uターンや突っつきはないものの、反応がイマイチ。
反応があれば、フッキングはする。
が、12番スズメバチカディスと比較してフッキングが浅い。
9匹釣って、14番アントパラシュートも在庫切れ。
 
L2入渓点までもう少しなので、16時を少し回っているが釣りを続行。
フライは、14番CDC。
L1終点で反応があったが、見事なまでのネットイン直前逃亡。
納得できず、釣り上がり、大きなプールで1匹、瀬の中の緩流帯で1匹。
これで終了。
 
昨年のこの時期のヤマメと比較して、今年のL1のヤマメは大きい。
おそらくL3辺りから落ちてきたのかもしれない。
 
詳細は、https://100sai-hukutyan.com
*アップは、2022.8.19を予定しています。
新着フライフィッシングブログ
プロフィール写真
◆2022年9月21日
西洋毛ばり人さん
プロフィール写真
プロフィール写真
◆2022年9月18日
waggaさん
当サイトに掲載の記事・動画・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright©2022 フライフィッシング データバンク. All Rights Reserved.