フライフィッシング データバンク

檜枝岐川支流とC&R区間(2022年9月10日)【キングフィッシャーさんのフライフィッシングブログ】

FFDBメンバー「キングフィッシャーさん」のブログ

現在位置
 > 檜枝岐川支流とC&R区間(2022年9月10日)【キングフィッシャーさんのフライフィッシングブログ】
フライフィッシング動画
渓流フライフィッシングブログ
マイページ
フライフィッシングデータバンク・フェイスブックページ
フライフィッシング紀行 富山県・立山川
プロフィール写真
キングフィッシャーさんのブログ
フライフィッシングブログ一覧
キングフィッシャーさんのプロフィールを見る
キングフィッシャーさんのフライフィッシングブログを見る
フライフィッシングブログ(一般)の登録
フライフィッシングブログ(フィールドの話題)の登録
フライフィッシング釣行記録の登録
釣行記録
2022年9月18日
檜枝岐川支流とC&R区間(2022年9月10日)
2022年9月10日
福島県檜枝岐川支流とC&R区間
約14時間
 
イワナ
25~29cm
1匹
イワナ
20~24cm
14匹
イワナ
15~19cm
10匹
ヤマメ
20~24cm
4匹
 
テレストリアル系
CDCアント18番
ミッジ系
CDCミッジピューパ
水面下のフライ
B/Hフェザントテール18番
 
2.07 匹 / 1時間
 
平均: 20.4 cm
写真1
写真2
写真3
写真4
写真5
2022年9月10日~11日で檜枝岐へ行ってきました。渓流も今シーズン残り1ヶ月を切り、ラストスパートです。下界は30度を超える気温でも檜枝岐は標高1000mを超えるので最高気温25度と快適です。朝晩は冷え込むので上流域はもう秋の気配。トンボが無数に飛び交いキャストするフライに飛び掛かり釣りの邪魔をします。ドライへの反応は良いものの、どうもサイズは伸び悩み。釣れるのは22~3cmばかり。それでもひれピンのナイスバディのイワナには顔がニンマリしちゃいます。堰堤の隅っこにユラユラしている魚影を発見。覆いかぶさる木の枝の隙間を縫うようにキャストするとドンピシャ魚の目の前にフライが落ち、反射的にフライを吸い込む!瞬間的に軽く合わせると、これまでより強い引き。ティペットを切られないようにテンションに気を付けながらネットイン。この日一番の26cm。ヒレの状態からすると成魚放流ものが回復中という感じだったのが少し残念。
翌日はC&R区間で半日のんびりフィッシング。C&R区間は放流物ばかりだと高を括ってスマホもカメラも持っていかなかったのですが、20cmちょいの綺麗なヤマメが4匹も釣れて、ちょっと後悔。。。
新着フライフィッシングブログ
プロフィール写真
◆2022年9月21日
西洋毛ばり人さん
プロフィール写真
プロフィール写真
◆2022年9月18日
waggaさん
当サイトに掲載の記事・動画・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright©2022 フライフィッシング データバンク. All Rights Reserved.