フライフィッシング データバンク

シャロムの森(2023年4月13日)【西洋毛ばり人さんのフライフィッシングブログ】

FFDBメンバー「西洋毛ばり人さん」のブログ

現在位置
 > シャロムの森(2023年4月13日)【西洋毛ばり人さんのフライフィッシングブログ】
フライフィッシング動画
渓流フライフィッシングブログ
マイページ
フライフィッシングデータバンク・フェイスブックページ
WILD-1スタッフと歩く飯豊連峰・秘密の源流
プロフィール写真
西洋毛ばり人さんのブログ
フライフィッシングブログ一覧
西洋毛ばり人さんのプロフィールを見る
西洋毛ばり人さんのフライフィッシングブログを見る
フライフィッシングブログ(一般)の登録
フライフィッシングブログ(フィールドの話題)の登録
フライフィッシング釣行記録の登録
釣行記録
2023年4月13日
シャロムの森(2023年4月13日)
2023年4月13日
群馬県シャロムの森
約6時間
 
ヤマメ
8匹
イワナ
7匹
 
その他のドライ
14番CDC
 
2.5 匹 / 1時間
 
平均: 0 cm
写真1
写真2
写真3
写真4
写真5
【釣果15匹ヤマメ8イワナ7】シャロムの森2023.4.13
状況
・天気  晴れ
・気温  7℃(9時受付棟)
・水温  6℃(10時R3入渓点)
・水位  減水(前回釣行2023.3.30との比較)
・水位  平水(例年との比較)
・風   無風
・虫   カゲロウ、蛾、蝶、ハエ、ミッジ
 
ヤマメ・イワナの活性
前回釣行2023.3.29の続きR3より入渓。
水温6℃と低いし、減水、晴天、無風という釣りをするには、あまり好ましくないコンディション。
唯一の救いは、虫は出ていること。
水面付近には、ミッジが多数。
時々大きめのカゲロウ?蛾?が水面付近でもがいている。
しかし、唯一の救いも全くライズがない・・・・。
 
R沢は日陰沢なのだが、まだ新芽がやっと出た程度なので、日向が多い。
しかも、年々春を迎えるたびに水深のあるポイントが消失しているように思う。
新しく作られたポイントもあるが、まだサカナが入っていないようで反応がない。
 
「スネ以上の水深+日陰」「スネ以上の水深+しっかりとした流れ」が一級ポイントだ。
この条件を満たすポイントを探して、釣り上がる。
今年のシャロムの森のヤマメ・イワナは例年と比較すると一回り・・・いや、二回り大きい。
そのせいか、しっかりと潜んでいる場所に流さないと、反応がない。
正確なキャストが要求される。
しかも、時折出くわす特級ポイントではチビヤマメがポイント下流に潜んでいて、うっかり接近すると走れてポイント全滅・・・・ってことも多い。
さらに、このチビヤマメが潜んでいる場所はフラット水面・・・・しっかりとフライを見てくる。
何気にチビヤマメを釣る方が難しかったりする。
 
「スネ以上の水深+日陰」のポイントでは、イワナの反応が圧倒的だ。
ラフな水面にフライを投じ、5〜15秒じっくりと待つと、水底から飛び出してくる。
ティペットを引いてフライに生命感を与えたくなるが、逆効果のようで反応が全くなかった。
 
「スネ以上の水深+しっかりとした流れ」のポイントでは、流芯付近からヤマメの反応があり、下流のややラフな水面からはイワナの反応がある。
ヤマメはリアクションではなく、しっかりと上流から流し、白泡の切れ目付近でゆっくりと加えることが多い。
ゆっくりと咥えるので、通常のヤマメのアワセではスッポ抜ける。
イワナは沈み石の前の水底に潜んでいることが多く、静止するかしないかのタイミングでティペットを引いてフライに生命感を与えてリアクションバイトさせることが多い。
 
詳細は、https://100sai-hukutyan.com
*この記事のアップは、2023.4.17を予定しています。
新着フライフィッシングブログ
プロフィール写真
◆2024年6月21日
choiceさん
プロフィール写真
◆2024年6月15日
キングフィッシャーさん
プロフィール写真
◆2024年6月14日
西洋毛ばり人さん
当サイトに掲載の記事・動画・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright©2024 フライフィッシング データバンク. All Rights Reserved.