長良川(美濃地区)(岐阜県)のフライフィッシング入渓点

フライフィッシング データバンク

長良川(美濃地区)の(岐阜県美濃市)
フライフィッシングに適した入渓ポイント

関観光ホテル裏 海抜47m付近

鮎之瀬橋の下流側にある関観光ホテルの裏の流れ。

ここもシラメ(アマゴ)の放流場所で、2月いっぱいがライズのフライフィッシングのピーク。

この区間も大きなプールになっていて、毎年シラメのライズが安定して見られる。やはりフライマンに人気の高い有名ポイントだ。
遠めのライズも多いので、3番ロッドでは届かずに悔しい思いをすることもある。

ホテル裏は護岸になっているが、川原に降りる階段がついていて、入渓は楽。車は護岸に駐車できる。

マップコード
70 602 141
(マップコード)
サムネイルをクリックで
写真が表示されます
長良川(美濃地区)の入渓ポイント-関観光ホテル裏(S1)長良川(美濃地区)の入渓ポイント-関観光ホテル裏(L1) 長良川(美濃地区)の入渓ポイント-関観光ホテル裏(S2)長良川(美濃地区)の入渓ポイント-関観光ホテル裏(L2) 長良川(美濃地区)の入渓ポイント-関観光ホテル裏(S3)長良川(美濃地区)の入渓ポイント-関観光ホテル裏(L3) 長良川(美濃地区)の入渓ポイント-関観光ホテル裏(S4)長良川(美濃地区)の入渓ポイント-関観光ホテル裏(L4)
美濃橋 海抜63m付近

新美濃橋の下流側にかかる吊り橋・美濃橋下のポイント。

シラメ(アマゴ)の放流場所でもある。

橋の下流側が大きなプールになっていて、毎年、2月1日の解禁直後からシラメのライズか見られる。2月にライズを狙ったフライフィッシングができるというのは、とても有難いことだ。
禁漁期間中、ライズに飢えていたフライマンには、もちろん人気の高いポイントで、解禁からしばらくは、平日でもずらりと釣り人が並ぶ。
ただし、ここにシラメが残っているのは2月いっぱいくらい。海に向かってどんどん下流に移動してしまう。

川原に車で降りられるので、入渓はとても楽。

マップコード
70 754 733
(マップコード)
サムネイルをクリックで
写真が表示されます
長良川(美濃地区)の入渓ポイント-美濃橋(S1)長良川(美濃地区)の入渓ポイント-美濃橋(L1) 長良川(美濃地区)の入渓ポイント-美濃橋(S2)長良川(美濃地区)の入渓ポイント-美濃橋(L2) 長良川(美濃地区)の入渓ポイント-美濃橋(S3)長良川(美濃地区)の入渓ポイント-美濃橋(L3) 長良川(美濃地区)の入渓ポイント-美濃橋(S4)長良川(美濃地区)の入渓ポイント-美濃橋(L4)