フライフィッシング データバンク

エアロドライウイング|フライフィッシング データバンク

フライマテリアル「エアロドライウイング」について紹介

フライフィッシング動画
渓流フライフィッシングブログ
マイページ
フライフィッシングデータバンク・フェイスブックページ
オフシーズン恒例!WILD-1スタッフの犀川釣行!
エアロドライウイングの写真1
エアロドライウイングの写真2
渓流フライフィッシングで使うシンセティック系のマテリアル
エアロドライウイング
ポリプロピレンを原材料としたシンセティックマテリアル。中空素材で中に空気を含むため高い浮力を持つ。

カラーが鮮やかで、釣り上がりのフライフィッシングで使うパラシュート等のインジケータ(ポスト)に使用した場合の視認性は抜群だ。

このマテリアルの登場する以前は、パラシュートのポストにはカーフテールが使われることが多かったが、カーフテールはタイイングに手間がかかることから、今はエアロドライウイングが主流になっている(カーフテールを使ったパラシュートはカッコイイのだが)。

ドライフライのボディとして用いられることもある。
エアロドライウイングを使用したフライの例
ピーコックパラシュートの写真1
ピーコックパラシュート
インチワームパラシュートの写真2
インチワームパラシュート
クリケットパラシュートの写真3
クリケットパラシュート
新着フライフィッシングブログ
プロフィール写真
◆2020年6月29日
パルさん
プロフィール写真
◆2020年6月20日
チックさん
プロフィール写真
◆2020年6月13日
氷吉さん
当サイトに掲載の記事・動画・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright©2020 フライフィッシング データバンク. All Rights Reserved.