フライフィッシング データバンク

今月の一本 2013年11月 ~MSCパートリッジ~(動画あり)|フライフィッシング データバンク

「今月の一本」2013年11月は、MSCパートリッジをピックアップし、動画とともに紹介

現在位置
 > 今月の一本 2013年11月 ~MSCパートリッジ~
フライフィッシング動画
渓流フライフィッシングブログ
マイページ
フライフィッシングデータバンク・フェイスブックページ
フライフィッシング紀行 富山県・立山川
底のニジマスを狙う
MSCパートリッジ 11月ともなると気温がだいぶ下がり、真冬並みの寒さになる日もでてくる。
この季節にフライフィッシングを楽しめるオフシーズン釣り場のニジマス達も、冷え込みの厳しい日には、底にべったりと張り付いて動かなくなってしまうことが多い。そんな日は、ドライフライを流しても、フライはむなしく水面をプカプカと流れていくだけ。反応してくれるニジマスは、ほとんどいないだろう。

そうなると、あとは、沈めたフライをニジマスの鼻先まで持っていく釣り方以外に、方法は思いつかなくなってくる。
この場合、まずはニジマスを見つけなければ効率が悪い。ブラインドでやみくもにフライを流しても、そうそうヒットは望めず、寒さもあってこちらの集中力が持たない。
次にフライセレクトだ。
荒雄川 イミテート性の高いニンフを使うか?
アトラクター要素の強いフライを沈めるか?
ウエットフライで攻めるか?
いやいや、ストリーマーをリトリーブか?

選択肢は多い。
この取材中に結んだのは、MSCパートリッジ。ルースニングの定番・MSCスペシャルのヘッド部分にパートリッジのソフトハックルを巻いたフライだ。
インジケーター(マーカー)を使ったルースニングで使っても良いし、ウエットのように引っ張っても良い。ソフトハックルが効き目がありそうで、期待感を持たせてくれる。

場所は、宮城県の荒雄川。10/1~11/30までの期間、特別遊漁区域が設定されていて、ニジマスのフライフィッシングを楽しむことができる。一般の解禁期間中には「キャッチ&リリースA区間」として親しまれている自然渓流だ。
ニジマス このA区間には、シーズン中からニジマスが放流されていて、自然の流れに磨かれたコンディションの良いニジマスが多く、東北でも屈指の人気フィールドとなっている。大型が多いのも人気の理由だ

この日は、インジケーター(マーカー)をつけず、ウエットフライのようにMSCパートリッジを使った。見つけたニジマスのダウンクロスの位置にポジションをとり、ニジマスの目の前をフライが通過するように調整しながら流すと、ニジマスはたいがい良い反応を見せてくれた。

他にも反応の良いフライはあったが、いずれにしても、ニジマスを見つけられるかどうかが、釣果を分けることには違いない。

(掲載日:2013年11月13日)

動画で見る今月の一本
この記事の関連ページ
新着フライフィッシングブログ
プロフィール写真
◆2018年12月6日
turitaiwanさん
プロフィール写真
◆2018年11月25日
あきのりさん
プロフィール写真
◆2018年11月10日
釣りバカ先生さん
当サイトに掲載の記事・動画・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright©2018 フライフィッシング データバンク. All Rights Reserved.