フライフィッシング データバンク

今月の一本 ~2014年10月 フローティングニンフ(バイオットボディ)~(動画あり)|フライフィッシング データバンク

「今月の一本」2014年10月は、「フローティングニンフ(バイオットボディ)」をピックアップし、動画とともに紹介

現在位置
 > 今月の一本 ~2014年10月 フローティングニンフ(バイオット)~
ログイン
 
ID  :
パスワード:
 
フライフィッシング動画
渓流フライフィッシングブログ
マイページ
フライフィッシングデータバンク・フェイスブックページ
ダブルハンドで楽しむ晩秋の長野県・犀川
10月のマッチザハッチを狙え!
フローティングニンフ(バイオットボディ)-2本 近年は、一般の渓流が禁漁になる10月以降も、ニジマスをメインにフライフィッシングを楽しめるフィールドが増えている。自然河川でビッグサイズのニジマスと遊ぶことは、オフシーズンの貴重な楽しみのひとつと言えるだろう。

選択肢の多い10月のフライセレクト
その10月のフライセレクトだが、実は選択肢がとても多い。
落葉が始まると、葉についていた昆虫も同時に落ちて、これがニジマスに捕食される。これにマッチするのは、やはりテレストリアル系のドライフライになる。
緩やかで日当たりの良い流れではミッジ(蚊等の小型水生昆虫)のハッチ(羽化)もみられる。大型のニジマスが盛んにミッジにライズしていることは珍しくない。
ターキーバイオット)表裏 二世代目のメイフライのハッチもある。コカゲロウやアカマダラカゲロウを中心に、11月いっぱいくらいまでは盛んにハッチする。もちろんこれにもニジマス達はライズする。
さらにニンフなどを沈めるという選択肢もあり、的確な状況判断とフライセレクトが釣果を大きく左右することになるのが、10月のフライフィッシングなのだ。

コカゲロウにマッチするドライフライ
その中で今回取り上げるのは、コカゲロウやアカマダラカゲロウにマッチするフローティングニンフ。ボディにターキーバイオットを用いた細身のドライフライだ。
ターキーバイオットの面には裏表があって、それぞれに異なったを質感を得ることができる。今回はその異なる質感のもの、二種類を巻いてみた。

ターキーバイオットをボディに使った場合の特徴は、体節の質感にある。
写真の二本のフライのように、毛羽立った体節と、つるりとした体節の二種をつくることができるが、いずれもメイフライのボディを妖しく表現している。
この質感の違いによる釣れ具合の差は、これまで感じたことがない。いずれのパターンにも渓魚はよく反応してくれる。

グースバイオットを使用しても同様の仕上がりになるが、グースバイオットはファイバーが短いので小型のフックにしか使えない。無理なく巻けるのは#16までだろう。さらにグースバイオットは硬いのでタイイング前に水に浸しておく必要があるが、ターキーバイオットには、その必要がない。

フローティングニンフ(バイオットボディ)-1カーブドシャンクの#18フックを使う
ターキーバイオットもグースバイオットも、様々な色合いにダイド(染色)されたものが売られている。写真のフライには、二本ともブラウンのターキーバイオットを使った。
10月のフライフィッシングでこのパターンを使う場合には、ブラウンの他にタン系の色合いがマッチするだろう。
ブラックに反応が良いこともある。そうした時は、アリにマッチしていることも考えられる。

フックにはカーブドシャンクのものを用いて、水面直下の姿勢になるようにしている。細身に仕上げたいパターンなので、細軸のフックを選ぶと良いだろう。写真のフライに使用したフックは、バリバスの2210だ。
フックサイズは、この時期にハッチしているメイフライの大きさに合わせて#18を中心に巻いておくのが良いだろう。オフシーズンのフィールドには、フライを見慣れてセレクティブな反応をするニジマスが多い。サイズをわずかに大きく#16にしただけで、反応が極端に落ちるということは珍しいことではない。

フローティングニンフ(バイオットボディ)-2ライズにも釣り上がりにも
今回のパターンは、パラシュートタイプにタイイングしている。
落ち込み下や流芯脇などの荒めの水面でも沈みにくく、ピンクのインジケーターは逆光時にも視認性がよい。釣り上がりでも使いやすい。

コカゲロウのハッチに対するライズにも反応は抜群だ。
今年(2014年)は9月後半、北陸のイワナの渓でコカゲロウへの安定したライズに遭遇したが、#18のこのパターンは百発百中、ワンキャストワンフィッシュの釣果だった。荒雄川(宮城県)の大型ニジマスにも同様の結果で、いずれの渓でも#16以上のサイズにすると、フライパターンを問わず反応は極端に下がった。
秋の渓魚も、コカゲロウを捕食している時には大きな流下物に関心を示さなくなるようだ。


(掲載日:2014年10月07日)
動画で見る今月の一本
この記事の関連ページ
FFDBトラウトフィッシングGP2017
新着フライフィッシングブログ
プロフィール写真
◆2018年2月17日
あきのりさん
プロフィール写真
◆2018年2月5日
あきのりさん
プロフィール写真
◆2017年11月19日
ごめんねルアーマンでさん
当サイトに掲載の記事・動画・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright©2018 フライフィッシング データバンク. All Rights Reserved.