フライフィッシング データバンク

フローティングニンフのフライパターン・タイイング|フライフィッシング データバンク

フライフィッシングで使うメイフライ系フライパターン「フローティングニンフ」のタイイング等を紹介しています。

現在位置
 > フローティングニンフ
フライフィッシング動画
渓流フライフィッシングブログ
マイページ
フライフィッシングデータバンク・フェイスブックページ
オフシーズン恒例!WILD-1スタッフの犀川釣行!
フローティングニンフの写真1
渓流フライフィッシングで使用するメイフライ系の毛ばり

フローティングニンフのフライパターン

メイフライニンフのイマージャーをイミテートしたドライフライ。羽化のために水面近くまで浮かび上がってきた状態を模したフライパターンだ。

CDCダンなどの水面上のフライに反応しない渋いライズに対して使うことが多い。流れにもまれやすいので、釣り上がりのフライフィッシングには向かない。

ウイングケース(背中)は、ボディと色違いのフェザントテイルでタイイング。この部分は魚から見えずらいので、付けなくても差し支えないだろう。
リブのコパーワイヤは、ボディをすっと水面下に沈めるためにつけてある。キャスト前にボディを濡らすようにすれば、リブは不要になる。
◆このフライが活躍する主な時期
2月
3月
4月
5月
6月(前)
6月(後)
7月
8月
9月
◆主な使い方
ライズ狙い
釣り上がり
沈める
タイイング
フック
ボディ
リブ
ソラックス
ウイングケース
ウイング
レッグ
新着フライフィッシングブログ
プロフィール写真
◆2020年5月28日
パルさん
プロフィール写真
◆2020年5月25日
Growupさん
プロフィール写真
◆2020年5月16日
Growupさん
当サイトに掲載の記事・動画・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright©2020 フライフィッシング データバンク. All Rights Reserved.