フライフィッシング データバンク

クイルボディパラシュートのフライパターン・タイイング|フライフィッシング データバンク

フライフィッシングで使うメイフライ系フライパターン「クイルボディパラシュート」のタイイング等を紹介しています。

現在位置
 > クイルボディパラシュート
フライフィッシング動画
渓流フライフィッシングブログ
マイページ
フライフィッシングデータバンク・フェイスブックページ
オフシーズン恒例!WILD-1スタッフの犀川釣行!
クイルボディパラシュートの写真1
クイルボディパラシュートの写真2
渓流フライフィッシングで使用するメイフライ系の毛ばり

クイルボディパラシュートのフライパターン

メイフライをイミテートしたドライフライだが、ライズ狙いではなく、釣り上がりのフライフィッシングで使うことが多い。

同様に釣り上がりに使うパラダンと比べると、クイルボディパラシュートのほうがボディの質感が実物に近い。なんともいえない縞模様がいい雰囲気だ。

欠点は、ボディのストリップドピーコックが、タイイングの最中に切れやすいこと。完成したフライのボディの強度も弱いこと。
ボディは完成時に瞬間接着剤でコーティングする手もあるが、これをすると少々沈みやすくなってしまう。
◆このフライが活躍する主な時期
2月
3月
4月
5月
6月(前)
6月(後)
7月
8月
9月
◆主な使い方
ライズ狙い
釣り上がり
沈める
タイイング
このフライパターンの関連記事
新着フライフィッシングブログ
プロフィール写真
◆2020年8月12日
Irmao Kayさん
プロフィール写真
◆2020年8月11日
ごめんねルアーマンでさん
プロフィール写真
◆2020年8月6日
パルさん
当サイトに掲載の記事・動画・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright©2020 フライフィッシング データバンク. All Rights Reserved.