フライフィッシング データバンク

ミッジラーバ(クイルボディ)のフライパターン・タイイング|フライフィッシング データバンク

フライフィッシングで使うテレストリアル系フライパターン「ミッジラーバ(クイルボディ)」のタイイング等を紹介しています。

現在位置
 > ミッジラーバ(クイルボディ)
フライフィッシング動画
渓流フライフィッシングブログ
マイページ
フライフィッシングデータバンク・フェイスブックページ
WILD-1スタッフと歩く飯豊連峰・秘密の源流
ミッジラーバ(クイルボディ)の写真1
ミッジラーバ(クイルボディ)の写真2
渓流フライフィッシングで使用するミッジ系の毛ばり

ミッジラーバ(クイルボディ)のフライパターン

ミッジラーバのイミテートパターン。ボディにストリップドピーコックを使用することで、自然な質感を出し、イミテート性を高めている。

ストリップドピーコックは、ナチュラルカラーのもの、ダイド(染色)のもの、どちらを使っても良い。フックもカーブドシャンクのものとストレートシャンクのもの、どちらでも構わない。

沈めて使うフライだが、早期のミッジに対するライズを狙うために結ぶことが多い。インジケータをティペットにつけて、水面から10~20cmくらいの位置を流す。
◆このフライが活躍する主な時期
2月
3月
4月
5月
6月(前)
6月(後)
7月
8月
9月
◆主な使い方
ライズ狙い
釣り上がり
沈める
タイイング
新着フライフィッシングブログ
プロフィール写真
◆2020年1月14日
turitaiwanさん
プロフィール写真
◆2020年1月3日
makotoさん
プロフィール写真
◆2019年10月27日
キングフィッシャーさん
当サイトに掲載の記事・動画・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright©2020 フライフィッシング データバンク. All Rights Reserved.