フライフィッシング データバンク

オーストリッチソラックスのフライパターン・タイイング|フライフィッシング データバンク

フライフィッシングで使うテレストリアル系フライパターン「オーストリッチソラックス」のタイイング等を紹介しています。

現在位置
 > オーストリッチソラックス
フライフィッシング動画
渓流フライフィッシングブログ
マイページ
フライフィッシングデータバンク・フェイスブックページ
WILD-1スタッフと歩く飯豊連峰・秘密の源流
オーストリッチソラックスの写真1
オーストリッチソラックスの写真2
動画で見るフライタイイング(オーストリッチソラックス)
渓流フライフィッシングで使用するテレストリアルの毛ばり

オーストリッチソラックスのフライパターン

特定の昆虫をイミテートしたものでなく、なんとなく虫っぽいファジーなドライフライ。
ソラックスダンと同じ構造で、ナチュラルドリフト性能が高いところが有難い。

オーストリッチのボディがフワフワとボリューム感のあるシルエットをつくりだしている。ハックルとボディの下側はカットして水面にぺったり張り付くようにタイイングする。

テレストリアルの時期はパラシュートタイプのフライを結んでいることが多いが、反応が渋かったり、見切られてしまったりすると、CDCのフライを使いたくなる。そんな時にこのパターンがフライボックスにあると、とても重宝する。
◆このフライが活躍する主な時期
2月
3月
4月
5月
6月(前)
6月(後)
7月
8月
9月
◆主な使い方
ライズ狙い
釣り上がり
沈める
タイイング
新着フライフィッシングブログ
プロフィール写真
◆2021年2月1日
Irmao Kayさん
プロフィール写真
◆2021年1月4日
Irmao Kayさん
プロフィール写真
当サイトに掲載の記事・動画・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright©2021 フライフィッシング データバンク. All Rights Reserved.