フライフィッシング データバンク

パラシュートビーのフライパターン・タイイング|フライフィッシング データバンク

フライフィッシングで使うテレストリアル系フライパターン「パラシュートビー」のタイイング等を紹介しています。

現在位置
 > パラシュートビー
フライフィッシング動画
渓流フライフィッシングブログ
マイページ
フライフィッシングデータバンク・フェイスブックページ
WILD-1スタッフと歩く飯豊連峰・秘密の源流
パラシュートビーの写真1
パラシュートビーの写真2
パラシュートビーの写真3
動画で見るフライタイイング(パラシュートビー)
渓流フライフィッシングで使用するテレストリアルの毛ばり

パラシュートビーのフライパターン

ハチ(ビー)やアブをイミテートしたテレストリアル系のドライフライ。
8月から9月にかけてのアブが多い時期のフライフィッシングでは、このフライパターンに特に反応が良いことがある。

ボディは始めにフェザントテールを巻いてから、その上に隙間をあけながらフロスをタイイングする。

イワナもヤマメも、ボディ部分を沈めるほうが反応が良いので、キャスト前にボディを濡らして沈むようにしておくと良い。
◆このフライが活躍する主な時期
2月
3月
4月
5月
6月(前)
6月(後)
7月
8月
9月
◆主な使い方
ライズ狙い
釣り上がり
沈める
タイイング
このフライパターンの関連記事
新着フライフィッシングブログ
プロフィール写真
◆2022年11月27日
キングフィッシャーさん
プロフィール写真
◆2022年11月17日
西洋毛ばり人さん
プロフィール写真
◆2022年11月16日
キングフィッシャーさん
当サイトに掲載の記事・動画・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright©2022 フライフィッシング データバンク. All Rights Reserved.