フライフィッシング データバンク

もりさんのフライフィッシングブログ(1)

FFDBメンバー「もりさん」のフライフィッシングブログ

現在位置
 > もりさんのフライフィッシングブログ(1)
フライフィッシング動画
渓流フライフィッシングブログ
マイページ
フライフィッシングデータバンク・フェイスブックページ
フライフィッシング紀行 富山県・立山川
プロフィール写真
もりさんのブログ
フライフィッシングブログ一覧
もりさんのプロフィールを見る
フライフィッシングブログ(一般)の登録
フライフィッシングブログ(フィールドの話題)の登録
フライフィッシング釣行記録の登録
(全18件のブログ記事 1件目から表示中)
次ページへ
釣行記録
2018年8月23日
ブラウンで有名な。。。(2018年8月17日)
2018年8月17日
長野県ブラウンで有名な。。。
約4時間
 
イワナ
20~24cm
1匹
イワナ
15~19cm
5匹
アマゴ
20~24cm
3匹
ニジマス
20~24cm
2匹
 
メイフライ系
オリジナル#10
 
2.75 匹 / 1時間
 
平均: 19.7 cm
写真1
写真2
写真3
前回の好調に気をよくして再度ブラウンで有名な川の上流支流を釣行。
今回は、先日と同じ上流部と中流域を釣り上がりました。
支流上流部
少し前回より水量は多く、朝の気温は10℃と肌寒い。
久しぶりにウエダー着用で釣り上がります。
前回は、ポンポンと出てくれましたが、今回は。。。。水温12℃で活性がいまいち。ざっと釣り上がりましたが、アマゴが1匹のみで,反応もほとんどなし。少し下り、支流が合流するところから再度攻めてみます。時間が経ったので水温が上がって活性が出てきたのか、ポツポツと反応があり、イワナ1匹、アマゴ3匹、なぜかニジマス2匹をGetし、上流部終了。
支流中流域
3段くらいの連続堰堤があるところで、その少し上流には大堰堤+ダム湖から遡上する魚のため魚道が作られているところです。
ここはかなり水量(11時で水温17℃)があり、開けているので気持ちよくラインを出せます。堰堤の前後で小型ですがイワナ5匹が出てくれました。

9月に遡上してきた大型トラウトに会えることを楽しみに本日は終了。

帰りにブラウン狙いで本流域を少しちょっかい出しましたが、アタック1回乗らずで終了。。。。。
  
釣行記録
2018年8月11日
某川(2018年8月10日)
2018年8月10日
長野県某川
約3時間
 
イワナ
15~19cm
7匹
アマゴ
20~24cm
1匹
アマゴ
15~19cm
3匹
その他
15~19cm
1匹
 
メイフライ系
オリジナル
 
4 匹 / 1時間
 
平均: 17.4 cm
写真1
写真2
長野の某川に初釣行。
ブラウンで有名な川です。
朝5時にポイント到着。
水温は18℃、渇水みたい
ほぼ浅い瀬の連続の流れ。
ダメもとでWETスタイルで釣り上がります。
すると以外に魚影濃く、至る所から出てきます。
イワナメインでししたが、アマゴも混ざり
あっけなくツ抜け達成(型は小さめですが。。。)。
最も大きかったアマゴは水中写真撮影準備中にオートリリースでした。。。

また途中で、変わったおチビちゃんが釣れました。
イワナとヤマメのハイブリッドのカワサバですかね?
(2枚目の写真)

来年はここの年券購入決定です。
  
釣行記録
2018年5月7日
千曲川水系(2018年5月6日)
2018年5月6日
長野県千曲川水系
約5時間
 
イワナ
15~19cm
12匹
イワナ
20~24cm
3匹
 
メイフライ系
 
3 匹 / 1時間
 
平均: 18 cm
写真1
写真2
写真3
千曲川水系の支流での今年初めての釣果です。
5/1と5/6の2回の釣行での記録です。
5/1は水温8度(10時)、天候晴、気温20度超、先行者なしと思う。
5/6も水温8度(11時)、天候晴時々曇り、気温20度、先行者なし。

5/1
水温少し低いけどダメもとで釣行。一投目から20cm程度のヒレ綺麗なイワナがお出迎え。気をよくして反転流を責めていきます。サイズは15~20cmと小さいですがそこそこ反応があり、十分満足。

5/6
イワナの居場所は前回の釣行で判っているのでそこを責めます。ツ抜け達成。2時で水温は9度でしたが瀬にもイワナたちはでき来てました。最大サイズは25cmでした。

水は超綺麗で水中写真でのその透明度は感動ものです。

次はもっと上流まで行ってみようと思います。
  
釣行記録
2017年6月19日
太田切川(2017年6月14日)
2017年6月14日
長野県太田切川
約4時間
 
アマゴ
15~19cm
3匹
イワナ
15~19cm
3匹
 
メイフライ系
ソラックスダン#14
 
1.5 匹 / 1時間
 
平均: 17 cm
写真1
写真2
写真3
平日の太田切に行ってみました。

平日なので10時に入渓。釣り人はいません。サルの御一行様はいました。目を合わせないように知らんぷりしましたが。。。
今日もいつもの場所から入渓しますが、前回反応が良かったプールでは先行者の餌釣り師が横入りです。まあ、おじいちゃんだったので対岸でおじいちゃんが釣り上がるのを待ってましたが、このおじいちゃん、ずっと居座ってるので仕方なく、少し距離を開けて上流に入ります。結局このおじいちゃんこの場所のみでずっと釣りしてました。
やはり前回と同様、ここら辺から反応が出てきました。今回は、やっとイワナが顔を見せてくれました。美形です。
今回は前回より、減水していましたが、瀬尻での反応があります。
ここは流れが急なので、瀬尻といっても流れ結構きつく、食いそこないが何回もありました。結構デカいのがフライに出ましたが(たぶんイワナ)、痛恨の合わせ切れ。。。。
おじいちゃん餌釣り師がいなくなったので、そのプールに夕方入りました。大型のカゲロウが無数にハッチしてます(写真の中央の小さな無数の点がそれですが。。。。見えないかも)。時よりスプラッシュライズがあります。ここで、数匹のアマゴ、イワナをGETし、本日は終了。
赤いコマクサ橋あたりから上流は、まったく反応ありませんというか、魚がつく場所がなさそうです。とにかく流れが分散してしまってポイントがありません。昨年の河川工事の影響ですね。



  
釣行記録
2017年6月18日
南佐久漁協の川(2017年6月17日)
2017年6月17日
長野県南佐久漁協の川
約5時間
 
イワナ
15cm未満
10匹
イワナ
15~19cm
5匹
イワナ
20~24cm
3匹
イワナ
40~44cm
1匹
 
メイフライ系
ソラックスダン#14
 
3.8 匹 / 1時間
 
平均: 17.5 cm
写真1
写真2
写真3
写真4
南佐久の某川に行ってきました。
朝5時から実釣です。
かなり減水してますが、そこそこ反応があります。
大堰堤のところで、何気に壁きわに#14ソラックスを流すと、20cm程度のイワナが出ました。さらに壁きわの終わりで反応があり、うまく合わせも決まり、
手繰り寄せようとすると結構というか、かなりの引きです。
岩の間に逃げようとしますが、そこを何とかしのぎ、ネットインしたのは40cmオーバーの大イワナでした。生涯最大の40超えです。
いかつい顔の雄イワナ(たぶん)で、鼻先は割れてます。こんなのがドライで釣れるなんて、最高でした。

午後は、最上流の支流でヤマメのライズを見つけ、ちょっかい掛けましたが、
出るものの、すっぽ抜け3回やらかし、沈んでしまいました。
小さな流れですが、瀬をたたいてみます。
そこら中からイワナが出てきます。サイズは15cm未満の美形でしたが、放流モノではないでしょう。多分数は10以上は出たでしょう。もう途中から数数えるのを止めました。この支流、秋にはこいつらが大きくなって楽しませてくれるものと思います。
  
(全18件のブログ記事 1件目から表示中)
次ページへ
新着フライフィッシングブログ
プロフィール写真
◆2018年10月16日
あくあさん
プロフィール写真
◆2018年10月14日
釣りバカ先生さん
プロフィール写真
◆2018年10月3日
Yukariさん
当サイトに掲載の記事・動画・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright©2018 フライフィッシング データバンク. All Rights Reserved.