フライフィッシング データバンク

ごめんねルアーマンでさんのフライフィッシングブログ(1)

FFDBメンバー「ごめんねルアーマンでさん」のフライフィッシングブログ

現在位置
 > ごめんねルアーマンでさんのフライフィッシングブログ(1)
フライフィッシング動画
渓流フライフィッシングブログ
マイページ
フライフィッシングデータバンク・フェイスブックページ
水源は月山。藤島川の美ヤマメを釣る。
プロフィール写真
ごめんねルアーマンでさんのブログ
フライフィッシングブログ一覧
ごめんねルアーマンでさんのプロフィールを見る
フライフィッシングブログ(一般)の登録
フライフィッシングブログ(フィールドの話題)の登録
フライフィッシング釣行記録の登録
(全46件のブログ記事 1件目から表示中)
次ページへ
一般ブログ記事
2018年7月18日
お持ち帰り推奨かキャッチアンドリリースか
リリース派の方のご意見をありがとうございます。
反対のalfa156romさんからの投稿をお待ちしています。
是非、お持ち帰りがなぜ悪いのかと考えている方の話も聞きたいです。
一匹も、持ち帰って食べるなということではありません。
ちなみに私は、全部リリースですが
キャッチアンドリリースが、決して個々の価値観ではなく、釣り好きが皆んなで今後も楽しんでいく為のマナーであることを分かって頂けたら嬉しいです。

  
一般ブログ記事
2018年7月15日
alfa156romさんありがとうございます。
そういうお話が出来る機会をお待ちしていました。
川で出会ってリリースサイズと教えてあげても、不機嫌な顔で立ち去ってしまう人もいます。多分、alfa156さんの様に食べたいんだから、大きなお世話だという気持ちだと思います。
また、そういう方は、サイトを利用して匿名で二度と投稿するな、と意見を言われます。
価値観を押し付ける気持ちは、ありません。ただ、沢は沢山の人が楽しんで釣りが出来ればそれ以上のことはありませんよね。もっと大きくなる事を願って釣り上げた人は、リリースするのだと思います。
例えば、1つの沢で一日一人が10匹持ち帰ったとしますと一週間で70匹、一ヶ月で280匹、1シーズンで1680匹の魚が1つの沢からいなくなるのです。
まぁ、毎日釣りに行く人はいませんが、沢に一日一人しか入らないということも
ありません。
一切、食べてはいけないわけではありません。リリースサイズくらいは、最低持ち帰らず、釣り好きな皆んなのために大切にしましょうと言うことです。
個人の価値観ではなくて、釣りを楽しむ皆んなの為の価値観ではないでしょうか。お返事をお待ちしています。
また、このお話を見られている方のご意見も是非、聞かせて下さい。
  
フィールドの話題
2018年7月12日
は、それ全部お持ち帰りですかパルさん
片品川の話題
カメラ忘れて現場写真がないということは、その魚全部持ち帰りですか?
関東近県の川は、一人一人がそれをやっていたら間違いなく魚がいなくなりますよ。食べたいなら、フライでなく投網にしてはいかがでしょうか。
自分だけ楽しめばいいという考えであれば、フライは、辞めたほうがいいと思います。
パルさんが釣ったイワナは、前に釣ったフライマンがもっと大きくなることを願ってリリースした魚かもしれません。
次の日にお持ち帰りされたら、どう感じるでしょうか。
入漁料をとって放流するのは、魚が維持できないからですし、川を維持していくためです。金払ったから全て持ち帰りするというなら、養殖場で楽しんだほうがいいですね。
ルアーマンですいませんが。
  
釣行記録
2018年7月10日
塩川上流(2018年7月9日)
2018年7月9日
山梨県塩川上流
約6時間
 
イワナ
25~29cm
3匹
イワナ
20~24cm
4匹
イワナ
15~19cm
3匹
イワナ
15cm未満
2匹
 
2 匹 / 1時間
 
平均: 20.7 cm
写真1
写真2
写真3
写真4
写真5
久しぶりの平日休みゲットして、塩川上流狙いでの爆釣。
連日の雨なので増水が予想されて山は、危険と考えていましたが、せっかくの平日休み、思い切って夜中1時に出発。
嫁から高速禁止令が出されたままなので一般道を走り続けて現地五時着。
やっぱり増水して流れは速いが、そのおかげで一番乗り。
誰もいません、ラッキー!
いきなりの1投目で中型をゲット、同じ場所2投目にチビゲット。
釣り登るも流れがきつく、なかなか追ってこない。
仕方なく砂防ダム下を狙いますが、チビだけ。
いつもならほとんど水のない砂防ダム上に出てビックリ、増水でかなりの水がありました。ダムの上からミノーを投げてビックリ!イワナが群れでチェイスして
きます。
増水で普段の岩から流れの溜まり場に避難していたようです。
数個砂防ダム上で爆釣りしました。
残念ながら、尺に1センチ足らずも二本出ました。
そもそも魚影の濃い塩川上流で増水爆釣して大満足でした。お昼納竿。
こんな、川が奥多摩辺りにあればもっといいですね。皆さんリリースしましょう
  
釣行記録
2018年7月2日
奥多摩 大沢(2018年6月30日)
2018年6月30日
東京都奥多摩 大沢
約2時間
写真1
写真2
写真3
写真4
写真5
前回の秋川リベンジに成功してから、調子に乗って超近郊狙い。
今回は、奥多摩湖手前の大沢攻め。
またも、午後出発の現地四時からの2時間勝負。
土曜日なのに人おらず、沢は、蜘蛛の巣地獄。
それぞれのポイントには、魚はいるもののルアーを食わず、1投目で釣れなければ全くルアーを追ってこなくなるほどスレスレ。
ある程度釣り上がるも暗くなり、蜘蛛の巣だらけで納竿しました。
超近郊2回目のボウズ。
沢が狭く、木もボウボウ、蜘蛛の巣地獄。フライもルアーも超釣りづらい沢でした。
また、次回、超近郊リベンジを計ります。
  
(全46件のブログ記事 1件目から表示中)
次ページへ
FFDBトラウトフィッシングGP2017
新着フライフィッシングブログ
プロフィール写真
◆2018年8月11日
もりさん
プロフィール写真
◆2018年8月6日
hiroさん
プロフィール写真
◆2018年7月31日
tecchieさん
当サイトに掲載の記事・動画・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright©2018 フライフィッシング データバンク. All Rights Reserved.