フライフィッシング データバンク

ごめんねルアーマンでさんのフライフィッシングブログ(1)

FFDBメンバー「ごめんねルアーマンでさん」のフライフィッシングブログ

現在位置
 > ごめんねルアーマンでさんのフライフィッシングブログ(1)
フライフィッシング動画
渓流フライフィッシングブログ
マイページ
フライフィッシングデータバンク・フェイスブックページ
WILD-1スタッフと歩く飯豊連峰・秘密の源流
プロフィール写真
ごめんねルアーマンでさんのブログ
フライフィッシングブログ一覧
ごめんねルアーマンでさんのプロフィールを見る
フライフィッシングブログ(一般)の登録
フライフィッシングブログ(フィールドの話題)の登録
フライフィッシング釣行記録の登録
(全54件のブログ記事 1件目から表示中)
次ページへ
一般ブログ記事
2019年7月5日
アクセス4千って?
ここ、そんなにフライマンいたんだ⁇
  
釣行記録
2019年6月7日
爆釣、岐阜県小鳥川遠征(2019年6月5日)
2019年6月5日
北海道爆釣、岐阜県小鳥川遠征
約5時間
 
イワナ
30~34cm
1匹
イワナ
25~29cm
8匹
イワナ
20~24cm
6匹
 
3 匹 / 1時間
 
平均: 25.3 cm
写真1
写真2
写真3
写真4
写真5
初めての岐阜県、高山市に宿泊するので釣れそうな沢を捜すと小鳥川の支流を発見。本流で大物狙いもいいけど、人のいない沢を選びました。
流石岐阜県、関東近県とは全く別天地。
ここぞというポイントからは、必ず飛び出るイワナさん。
私は、リリース専門なので、食べたいという同行者に大物をあげました。
小さな沢では、ヌシ級の尺一匹を上げて大満足。
自然がまだまだ残る岐阜県でした。
北海道は、間違いで岐阜県でした。
  
釣行記録
2019年3月21日
まだまだ寒〜い 釜無川(2019年3月19日)
2019年3月19日
山梨県まだまだ寒〜い 釜無川
約2時間
写真1
写真2
写真3
写真4
写真5
今年初の釜無川。
通行止は、まだ解除されずなので、途中から歩いて沢へ。
まだまだ残雪が結構残っていて、かなり不安になりながらの第1投。
沢が完全にノーリアクション、水温冷た過ぎ。
しまった、鶴川行っておけば良かったと思うも、時すでに遅し。
2時間やってイワナのチェイスは、一回だけ。
早々に上がりました。
もう少しあったかくなってからリベンジします。
と、言うことで今回は、氷の写真のみです。
  
釣行記録
2019年3月9日
鶴川(2019年3月9日)
2019年3月9日
神奈川県鶴川
約3時間
 
ヤマメ
25~29cm
5匹
ヤマメ
20~24cm
2匹
ヤマメ
15~19cm
1匹
 
2.67 匹 / 1時間
 
平均: 24.5 cm
写真1
写真2
写真3
写真4
写真5
きた〜❗️解禁❗️
今シーズン初のフィールド。午前中は、家の用事で朝一無理なので午後東京発。
ホームの山梨を目指したいが、時間的に帰りの渋滞を考えると無理。
取り敢えず、上野原で降りて鶴川目指しました。皆さんリリースされていること前提に全てオープンです。
午後からなのか、全く車が止まっていません。朝一狙いで皆さんお帰り後なのかか現場2時着でだれもいません。強烈な花粉を凌ぎながら急な崖を降りて鶴川入り。もしかしたら、気温が上がって活性してる?
その通り、いきなり尺に2センチ足らずの大きなヤマメゲット!
その後も、冬を過ごした綺麗なヤマメが次々と。
シーズン初めなので重いミノーで底責めが当たりました。
いわゆる爆釣。足跡がありましたが、朝一狙いの様子です。
3時間でこれだけいい型が出たのは、初めてでした。
リリース後は、更に沢山虫を食べればすぐに尺です。
鶴川は、こんなに大きな型がいたんですね。
皆さん今シーズンも、近場に言い型の魚が増えることを考えてリリースしましょう。鶴川は、今シーズン期待大です。
皆さんの解禁爆釣情報も宜しくお願いします。
  
釣行記録
2018年9月30日
葛野川 小金沢 (2018年9月28日)
2018年9月28日
山梨県葛野川 小金沢
約3時間
 
イワナ
25~29cm
3匹
イワナ
20~24cm
1匹
 
水面下のフライ
ミノー
 
1.33 匹 / 1時間
 
平均: 25.8 cm
写真1
写真2
写真3
写真4
写真5
今年最後のチャンスと考え、連日の雨の中何とか晴れる金曜日を狙いすまして代休ゲット〜。前日の飲み会のせいで朝寝坊、今シーズン最後の釣行を逃すわけにはいかない。車に飛び乗り甲州街道を下りました。近場の上野原付近から、鶴川に入ろうと考えるも、スタートが遅すぎてかなりの駐車車両。
諦めて、さらに車を走らせてナビで釣れそうな場所へ。
着いたのが葛野川小金沢でした。全く初めての場所で不安でしたが、このまま帰る訳には行かず、速攻準備して車止ゲートをくぐりトンネルを抜けていきました。30分ほど閉鎖林道を歩いて行くも、沢に降りれそうな場所が見つからない。林道を上がるほど谷が深くなり沢までかなりの距離と傾斜。
覚悟を決めて行けそうな場所から下降しましたが急すぎてウエーダーのフゥエルトでは滑落寸前の恐怖。何とか時間をかけて沢床に降りました。この時点で既に10時過ぎでした。やはり初めての沢は、地図がないと恐ろしい。沢は、連日の雨でかなりの増水で流されそうぬなりながらも緩やかな淵狙い。
来ました尺にはいきませんが、元気のいいイワナさん。釣り上がり4匹目を釣り上げたあたりから谷も深くなり帰れそうもないことが判明。沢を下り入渓点まで戻るも登りがきつすぎて死にそう。かなり時間を掛けて林道に上がりました。
この沢は、沢登り用で 超ハードでした。滝も多く単独釣り師は、なかなか危険だとわかりました。魚は、多いけど。常に10メートルのロープは、携帯していますが、単独では恐ろしくて二度とはいかないです。結局、3時間で4匹を釣り満足でしたが、やっぱり行き当たりバッタリは、危険でした。また、来年のシーズンに向けて下調べをゆっくりして行きたいです。
それでは、沢釣師のreleaserの皆さんまた来年を楽しみに魚を大事にしましょう。
釣行から2日が経ちましたが、ハードな沢登りで全身筋肉痛で腰が砕けそうです。
  
(全54件のブログ記事 1件目から表示中)
次ページへ
新着フライフィッシングブログ
プロフィール写真
◆2019年8月12日
takamaruさん
プロフィール写真
◆2019年8月12日
ooruriさん
プロフィール写真
◆2019年8月11日
開太郎さん
当サイトに掲載の記事・動画・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright©2019 フライフィッシング データバンク. All Rights Reserved.