フライフィッシング データバンク

箒川水系 某沢(2022年9月17日)【waggaさんのフライフィッシングブログ】

FFDBメンバー「waggaさん」のブログ

現在位置
 > 箒川水系 某沢(2022年9月17日)【waggaさんのフライフィッシングブログ】
フライフィッシング動画
渓流フライフィッシングブログ
マイページ
フライフィッシングデータバンク・フェイスブックページ
オフシーズン恒例!WILD-1スタッフの犀川釣行!
プロフィール写真
waggaさんのブログ
フライフィッシングブログ一覧
waggaさんのプロフィールを見る
waggaさんのフライフィッシングブログを見る
フライフィッシングブログ(一般)の登録
フライフィッシングブログ(フィールドの話題)の登録
フライフィッシング釣行記録の登録
釣行記録
2022年9月18日
箒川水系 某沢(2022年9月17日)
2022年9月17日
栃木県箒川水系 某沢
約4時間
 
イワナ
15~19cm
3匹
イワナ
25~29cm
1匹
 
カディス系
エルクヘアカディス
 
1 匹 / 1時間
 
平均: 19.5 cm
写真1
写真2
写真3
9時から釣り始め、1時間で小型1匹。上流を目指していると、3人組が降りてきた。先行者がいたのか。。。だいぶ上まで行ったという。。。
これでは反応が良いわけないか、と苦笑い。
それでも、すべてのポイントが荒らされたわけではないだろうし、丹念に探り、ゆっくりめに上っていれば、最上流部に着くまでには魚も警戒を解くかななどと期待しながら遡行する。
案の定、しばらくすると小さなポイントで一尾追加。19㎝。ちょっと物足りない。
さらに遡ると、だんだんナメてくる。あまり隠れ処もなく、魚もいなそうに見えたが、滑床の割れたスリット状の場所や、大岩の下に魚影を確認。
このところよく釣れるアプローチを試す。岩の手前から、こちら側から見えない向こう側へサイドキャストして流す。手前から徐々に奥へ。当然自分の投じたフライは見えない。そのかわり魚からもこちらの姿は見えていないはず。
反応がないので期待とあきらめがない交ぜのなか、さらに数投。フライを流しその様子は見えないままピックアップしようとするとずっしりと重い。どこかに引っかかったかと思ったが、急に動き出し、岩の間に入り込まれてしまった。強烈な引きで、同行者によれば、竿は満月状にしなっていたようだ。潜り込んだ岩陰から小さいイワナが出てくる。ラインが岩にズズズっとイヤな感じでこすりつけられる。切れる、、、やや強引に引っ張り出すが、またも岩下に潜り込まれる。糸が擦れる。これ以上岩にすりつけられると、ティペット部が切れる。6xなので、そんなに保たない。竿を立てると同時にラインを直接引っ張って引き寄せる。本当に強い。魚影から尺はないことはわかったが、昨年釣った30㎝のイワナより引きが強い。
ようやくネットに入れると、バラしの不安から解放されホッと安堵すると同時に、強い引きをもう少し味わいたかったさみしさも感じた。計ってみると、26.5㎝だった。この後もう一尾追加したが、このときもう満足してしまっていて、貪欲さがなくなってしまい、早めに納竿した。
新着フライフィッシングブログ
プロフィール写真
◆2022年9月21日
西洋毛ばり人さん
プロフィール写真
プロフィール写真
◆2022年9月18日
waggaさん
当サイトに掲載の記事・動画・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright©2022 フライフィッシング データバンク. All Rights Reserved.