フライフィッシング データバンク

Irmao Kayさんのフライフィッシングブログ(1)

FFDBメンバー「Irmao Kayさん」のフライフィッシングブログ

現在位置
 > Irmao Kayさんのフライフィッシングブログ(1)
フライフィッシング動画
渓流フライフィッシングブログ
マイページ
フライフィッシングデータバンク・フェイスブックページ
フライフィッシング紀行 栃木県・松木川
プロフィール写真
Irmao Kayさんのブログ
フライフィッシングブログ一覧
Irmao Kayさんのプロフィールを見る
フライフィッシングブログ(一般)の登録
フライフィッシングブログ(フィールドの話題)の登録
フライフィッシング釣行記録の登録
(全13件のブログ記事 1件目から表示中)
次ページへ
釣行記録
2018年4月2日
神流川CR区間(2018年4月2日)
2018年4月2日
群馬県神流川CR区間
約7時間
 
ヤマメ
20~24cm
3匹
 
ミッジ系
20番
 
0.43 匹 / 1時間
 
平均: 22 cm
写真1
写真2
写真3
写真4
  
釣行記録
2018年3月15日
秩父フライフィールド(2018年3月15日)
2018年3月15日
埼玉県秩父フライフィールド
約7時間
 
ヤマメ
15~19cm
1匹
ニジマス
20~24cm
15匹
ニジマス
30~34cm
5匹
 
ミッジ系
#20
水面下のフライ
ニンフ#18
 
3 匹 / 1時間
 
平均: 24.1 cm
写真1
写真2
写真3
前日に群馬県上野村C&R区間で釣りをしてきたが1匹も釣れずに終了。気分転換にと秩父フライフィールドに足を運んでみたら予想以上の釣果。午前中だけで35cm以上を筆頭に15匹の釣果が出た。
  
釣行記録
2017年9月19日
秩父フライフィールド(2017年9月19日)
2017年9月19日
埼玉県秩父フライフィールド
約8時間
 
ヤマメ
15~19cm
3匹
ニジマス
15~19cm
5匹
ニジマス
25~29cm
3匹
 
水面下のフライ
ビーズヘッドニンフ
水面下のフライ
オリジナルフライ
ミッジ系
 
1.38 匹 / 1時間
 
平均: 19.7 cm
写真1
写真2
写真3
写真4
久しぶりに秩父フライフィールドへの釣行。2日前に台風が来ていたので釣り場の水の濁りが心配だったが、濁りは無く釣りには全く影響が無かった。朝から午前中はビーズヘッドやウエイトを仕込んだニンフ系のフライを中心に使い、水中の岩に当てるように水底を流したら釣果が伸びた。午後からは水面下すれすれ、少し沈めるように流したら釣果が良かった。全く反応がなく釣れない時間帯もあったが、飽きない程度に釣れてくれたので楽しむ事が出来た。魚影は濃くあちこちに魚がいるのが見え、アタリも数多く出たので練習にはちょうど良い釣り場。欲を言えばニジマスが多い釣り場なので、ヤマメの数釣りが出来ると良いなと思えた。カワウ対策の為に釣り場のあちこちにロープやネットが張ってあるので、ピンポイントに仕掛けを送り込むサイドキャストの技術は重要。
  
釣行記録
2017年6月19日
神子内川(2017年6月19日)
2017年6月19日
栃木県神子内川
約8時間
 
ヤマメ
20~24cm
2匹
ヤマメ
15~19cm
1匹
イワナ
15~19cm
1匹
 
ミッジ系
20番
 
0.5 匹 / 1時間
 
平均: 19.5 cm
写真1
写真2
写真3
写真4
栃木県足尾町、神子内川での釣り。セーブオン足尾店から栃木平橋にかけてのエリアで朝から夕方まで釣行。魚が溜まっている場所を発見して重点的に攻めて釣り上げる。

ヤマメに混じって小さなイワナも釣れたが、魚体の模様が普段見掛けるイワナとは少し違う感じだった。もしかして足尾イワナかと思って撮影をした。

予想外に魚影はあるが、流れの緩やかな場所に居るヤマメはフライを見切るのが早く、釣るのは難しかった。警戒心の薄い場所に潜んでいる魚を見つけ、ミッジ系の小さなフライで釣り上げる方法で何とかゼロ匹だけは避けられた。
  
釣行記録
2017年6月6日
湯川(2017年6月6日)
2017年6月6日
栃木県湯川
約9時間
 
ニジマス
20~24cm
1匹
その他
20~24cm
4匹
その他
15cm未満
1匹
 
ミッジ系
20番
カディス系
14番
 
0.67 匹 / 1時間
 
平均: 20.7 cm
写真1
写真2
写真3
写真4
昨日は湯川で青木橋から赤沼橋での釣りだったが、今日は上流域に入り小田代橋から小滝にかけて、水泡の出ている早い流れの瀬を中心にライズを見つけながら釣り歩く。昨日と同様にライズの数は少なめでブルックの居場所を見つけるのには苦労した。14番サイズのフライを流しても反応せず、サイズを落としていったらミッジ系の18番から20番のサイズに反応が出て食ってきた。午前中は積極的にフライを追ってくれたので釣果が伸びたが、午後に入ると空振りばかり、すぐそばまで寄ってくるが見切られて食わせる事が出来なくなる。同じサイズのフライを使っているのに時間帯により食いが違った。
  
(全13件のブログ記事 1件目から表示中)
次ページへ
FFDBトラウトフィッシングGP2017
新着フライフィッシングブログ
プロフィール写真
◆2018年4月22日
107chanさん
プロフィール写真
◆2018年4月21日
ごめんねルアーマンでさん
プロフィール写真
◆2018年4月20日
choiceさん
当サイトに掲載の記事・動画・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright©2018 フライフィッシング データバンク. All Rights Reserved.