フライフィッシング データバンク

西洋毛ばり人さんのフライフィッシングブログ(1)

FFDBメンバー「西洋毛ばり人さん」のフライフィッシングブログ

現在位置
 > 西洋毛ばり人さんのフライフィッシングブログ(1)
フライフィッシング動画
渓流フライフィッシングブログ
マイページ
フライフィッシングデータバンク・フェイスブックページ
オフシーズン恒例!WILD-1スタッフの犀川釣行!
プロフィール写真
西洋毛ばり人さんのブログ
フライフィッシングブログ一覧
西洋毛ばり人さんのプロフィールを見る
フライフィッシングブログ(一般)の登録
フライフィッシングブログ(フィールドの話題)の登録
フライフィッシング釣行記録の登録
(全136件のブログ記事 1件目から表示中)
次ページへ
釣行記録
2022年9月26日
シャロムの森(2022年9月26日)
2022年9月26日
群馬県シャロムの森
約6時間
 
ヤマメ
30匹
ヤマメ
3匹
 
カディス系
12番スズメバチカディス
 
5.5 匹 / 1時間
 
平均: 0 cm
写真1
写真2
写真3
写真4
写真5
2022.9.26 GO TO シャロムの森
釣果33匹(ヤマメ33イワナ0)
状況
・天気  晴れ
・気温  19℃(9時半受付棟)
・水温  14℃(10時L1入渓点)
・水位  増水(例年との比較)
・水位  平水(前回釣行2022.9.21との比較)
・風   無風
・虫   皆無
 
サカナの活性
今日は、L1を釣る。
前回釣行の上流域ではイワナの荒喰い、今回釣行の下流域ではヤマメの荒喰い。
小さいフライ(14番以下)には全く関心がない様子。
反応があったのは、10番ピーコックと12番スズメバチ。
大増水状況が続いているのか?今日も水が川幅いっぱい。
午前中はサカナが緩い流れや深場に避難している様子だった。
午後になって多少水温が上昇したのか?大小を問わずプールの下流やチャラ瀬の沈み石付近で反応が激増!
チャラ瀬といえど、足首程度の水深があれば、婚姻色のヤマメが出るので油断できない。
L1最初の堰堤下でイワナの反応があったが、ヤマメのアワセのタイミングをしてしまい、スッポ抜け・・・・。
吸い込むような反応だったのと、逃げていく魚影から間違いなく尺イワナ・・・・悔しい。
 
詳細は、https://100sai-hukutyan.com
*アップは、2022.10.1を予定しています
  
釣行記録
2022年9月21日
シャロムの森(2022年9月21日)
2022年9月21日
群馬県シャロムの森
約4時間
 
ヤマメ
6匹
イワナ
19匹
 
カディス系
12番スズメバチカディス
 
6.25 匹 / 1時間
 
平均: 0 cm
写真1
写真2
写真3
写真4
写真5
2022.9.21 GO TO シャロムの森
釣果25匹(ヤマメ6イワナ19)
状況
・天気  霧雨
・気温  15℃(9時半受付棟)
・水温  12℃(10時半R6入渓点)
・水位  増水(例年との比較)
・水位  大増水(前回釣行2022.9.15との比較)
・風   無風
・虫   皆無
 
サカナの活性
大増水でサカナが潜んでいると思われる場所が無数にできている。
イワナが主役の区間なので、緩い流れや全く流れのないポイントを探っていく。
午前中は岩陰などの比較的小さいポイントからの反応が多い。
午後になって、ヒラキや反転流などの比較的大きなポイントからも反応が多くなる。
水深に関係なく、速い流れでは反応がない。
遅い流れでも水深が膝よりあると反応がない。
 
このような増水によってサカナが拡散されていくのだろう。
「ここ!」ってというポイントからは必ず反応があるが、同じポイントから2匹釣れることはなかった。
単に腕がない・・・・とも言えるが。
小さいポイントにもサカナが潜んでいることが多く、うっかり釣り上がれない。
新しく形成された場所には、サカナは入っていないことが多かった。
入っていても、チビ・・・かな?
次回期待できそうな新しいポイントが多くあり、楽しみだ。

詳細は、https://100sai-hukutyan.com
*アップは、2022.9.24を予定しています

 
  
釣行記録
2022年9月15日
シャロムの森(2022年9月15日)
2022年9月15日
群馬県シャロムの森
約5時間
 
イワナ
11匹
 
カディス系
12番スズメバチカディス
 
2.2 匹 / 1時間
 
平均: 0 cm
写真1
写真2
写真3
写真4
写真5
2022.9.15 GO TO シャロムの森
釣果11匹(ヤマメ0イワナ11)
状況
・天気 小雨
・気温 18℃(9時半受付棟)
・水温 14℃(10時半L6入渓点)
・水位 減水(例年との比較)
・水位 平水(前回2022.9.12との比較)
・風  無風
・虫  ナシ
 
サカナの活性
5時半にwebの天気予報を確認すると、日中晴れの予報。
9時半にシャロムの森に到着すると、小雨・・・・。
予報ではとっくに晴れている時間なのに・・・・。
そのうち、晴れると信じて入渓するも、結局一日中小雨だった。

昨日の天気は晴れ、最高気温28℃
今日の天気は小雨 最高気温23℃
あまりにも違いすぎて・・・・っというのが本音だ。
昨日の水温は、18℃前後
今日は、14℃・・・・・
サカナも風邪をひいてしまったか?反応が鈍い。
 
フライは、晴天の予報を信じて、12番スズメバチカディス。
しかし、4℃差の水温はイワナの食欲を明らかに低下させている。
 
今年の梅雨は長かったせいか?土砂の流出があった様子。
各ポイントに小石が堆積し、その上に土がうっすらと積もっている。
全体的に春先の釣行より浅くなり、小石と土のせいか?イワナが少なくなっている。
L3で今年はよく良型イワナが釣れているのは、L5、L6辺りからイワナが落ちてきたから?
 
虫は全く出ず・・・・当然にスズメバチもいない。
浅い場所が多いので、良型イワナは早々に諦める。
チビでもいいからと、水底が砂地の場所かつ流芯にフライを流すも反応は薄い。
午後になって枝に引っかかっている真新しいニンフを発見する。
おそらく1週間以内に水面下の釣りをした者がいる。
「かなりの釣果を挙げているので、イワナが浮いていないのでは?」っとふと思った。
そこで、攻めるポイントを白泡の付近に絞る。
反応は少し良くなり、フッキングも若干良くなった?ので、なんとか釣れる。
良型イワナも反応してくれたが、勝利写真を撮る寸前に逃亡された。
しかも、2匹も・・・・・
ここから挽回だ!っと思ったが・・・・終了時刻。
 
詳細は、https://100sai-hukutyan.com
*アップは、2022.9.18を予定しています。
  
釣行記録
2022年9月12日
シャロムの森(2022年9月12日)
2022年9月12日
群馬県シャロムの森
約6時間
 
ヤマメ
13匹
イワナ
11匹
 
カディス系
12番スズメバチカディス
 
4 匹 / 1時間
 
平均: 0 cm
写真1
写真2
写真3
写真4
写真5
2022.9.12 GO TO シャロムの森
釣果24匹(ヤマメ13イワナ11)
状況
・天気  晴れ
・気温  19℃(9時半受付棟)
・水温  16℃(10時半R5入渓点)
・水位  減水(例年との比較)
・水位  平水(2022.9.5との比較)
・風   無風
・虫   ハエ、スズメバチ(2回遭遇)
  
サカナの活性
10時過ぎ釣行開始。早々に反応があるが、フックアウト5連発。
10mほど釣り上がり、やっと釣れた。
 
カエルの卵の泡が至る所にある。
豊かな森だ。
  
チビの猛攻から大きめのヤマメ・イワナを選んで、アワセを入れる。
反応だけなら、2投に1回はある。
しかし、サイズを求めるとなかなか・・・・。
フツーサイズのヤマメは深場より瀬に潜んでいる。
流れの合流点や障害物付近、緩流帯で周囲よりちょっと深い又は沈み石があるポイントでよく反応してくれた。
フツーサイズのイワナはプールの最下流付近か深場。
深場のイワナは、ちょこちょこと誘い入れて、様子をみると、反応してくれることが多かった。
  
前回とまた渓相が異なり、新しく形成された場所が多い。
サカナが入っていることが多く、油断できない。
  
ハエがチラホラ飛んでくるが・・・・
水面付近に羽虫は確認できず、ライズは1回も確認できない。
 
スズメバチと2回ほど遭遇したが、周囲を飛んで威嚇してくることはなかった。
スズメバチについては初めて見るもの?
例年この時期だとオオスズメバチと遭遇することが多いのだが、今年は全く遭遇しない。
また最近遭遇するスズメバチもキイロスズメバチとも違う・・・・・。
調べているが、「あっ!これだ!」という日本固有種のものはない。
ひょっとして外来種かもしれない?
「まぁ、釣れるからなんでもいいけど・・・・」
 
シカの足跡が上流に行くに従って、少なくなっている。
これは・・・・・・?
 
詳細は、https://100sai-hukutyan.com
*アップは、2022.9.16を予定しています。
  
釣行記録
2022年9月6日
シャロムの森(2022年9月5日)
2022年9月5日
群馬県シャロムの森
約6時間
 
ヤマメ
4匹
イワナ
4匹
 
カディス系
12番スズメバチカディス
 
1.33 匹 / 1時間
 
平均: 0 cm
写真1
写真2
写真3
写真4
写真5
2022.9.5 GO TO シャロムの森
釣果8匹(ヤマメ4イワナ4)
状況
・曇りのち晴れ
・気温 22℃(9時半受付棟)
・水温 測定忘れた・・・・
・水位 平水(例年比較)
・水位 若干減水(2022.8.29)
・虫  皆無(時々蛾が出る程度)
・風  無風
 
サカナの活性
今日は、シャロムの森L4とL5を釣った。
L4の入渓直後こそ、反応があったが、その後沈黙。
L4の通らずまでに、1匹しか・・・・・。
一旦退渓し、再度入渓。
ここからは、岩盤区間で高低差もはげしい。
大きなイワナは期待できないが、数が出る・・・・はずだった。
しかし、大増水の影響で岩盤のくぼみに砂がなく、小石が入っている。
これでは、イワナがいない。
しかも、高水温のせいか?苔が付着して滑る滑る。
なんとか、岩盤でないポイントや岩盤のくぼみに砂が残っているポイントからイワナを引き出す。
L5に入ると、大岩区間で高低差がさらに激しい。
この区間も大増水の影響を受けて、以前と渓相が全く異なる。
尺物が期待できそうなプールも多いのだが、ポイントが整形されて間もないようでイワナが入っていない。
大増水以前からあるポイントには、ちゃんとイワナが残っているので、少し遊んでくれた。
上流ほどサカナが浮いているが、ロッドを振れるスペースがなく、ストーキングに失敗というパターンの連続。
全体的にアスレチックコースで体力が消耗し、集中力も消耗し、ヘロヘロ。
ヒザが笑っているので、終了とした釣行でした。
 
詳細は、https://100sai-hukutyan.com
*アップは、2022.9.9を予定しています。
  
(全136件のブログ記事 1件目から表示中)
次ページへ
新着フライフィッシングブログ
プロフィール写真
◆2022年9月26日
西洋毛ばり人さん
プロフィール写真
◆2022年9月21日
西洋毛ばり人さん
プロフィール写真
当サイトに掲載の記事・動画・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright©2022 フライフィッシング データバンク. All Rights Reserved.