フライフィッシング データバンク

赤久縄(2022年9月30日)【西洋毛ばり人さんのフライフィッシングブログ】

FFDBメンバー「西洋毛ばり人さん」のブログ

現在位置
 > 赤久縄(2022年9月30日)【西洋毛ばり人さんのフライフィッシングブログ】
フライフィッシング動画
渓流フライフィッシングブログ
マイページ
フライフィッシングデータバンク・フェイスブックページ
オフシーズン恒例!WILD-1スタッフの犀川釣行!
プロフィール写真
西洋毛ばり人さんのブログ
フライフィッシングブログ一覧
西洋毛ばり人さんのプロフィールを見る
西洋毛ばり人さんのフライフィッシングブログを見る
フライフィッシングブログ(一般)の登録
フライフィッシングブログ(フィールドの話題)の登録
フライフィッシング釣行記録の登録
釣行記録
2022年10月1日
赤久縄(2022年9月30日)
2022年9月30日
群馬県赤久縄
約5時間
 
ヤマメ
26匹
イワナ
4匹
ニジマス
6匹
 
カディス系
12番スズメバチカディス
 
7.2 匹 / 1時間
 
平均: 0 cm
写真1
写真2
写真3
写真4
写真5
2022.9.30 GO TO 赤久縄
釣果36匹(ヤマメ26イワナ4ニジマス6)
状況
・天気  晴れ
・気温  18℃(9時受付棟)
・水温  13℃(10時半ルアー&フライエリアの橋)
・水位  若干の増水(例年との比較)
・風   無風
・虫   水面付近にミッジ?の他は、ナシ
 
サカナの活性
久しぶりの赤久縄となってしまった。
春先の釣行でコテンパンにやられて・・・・っというわけではない。
リベンジの機会を狙っていたのだが、豪雨による施設被害等による休業などでなかなか僕の予定とあわず、今日になってしまった。
 
受付で女将さんと世間話やら、昨日の釣行の後片付けやら、今日の釣行の準備やらで1時間以上・・・・。
結局最初の1匹を得たのは、10時半になってしまった。
 
入場の橋付近第1投目で釣れた・・・ニジマス。
イワナを狙ったが、イワナの鼻先に届く前にニジマスに横取りされた。
活性は良さそうだ。

釣り上がっていくが、満遍なく放流されている。
大小のポイントを問わず、反応がある。

ヤマメの反応が多い。
「赤久縄=イワナ」というイメージなので、アワセのタイミングが合わず、ここでもアジャストに苦労する。
「ここは、イワナ!」ってポイントからも容赦なくヤマメが出る。
流芯にはニジマスが潜んでいるので、流心を外して釣り上がっていく。
水深を問わず、ヤマメが釣れる。

イワナも時折浮いているが、フライを突っつく程度の反応が多く、かなり学習している様子。
そして、2度目の反応はない。
夕方見回り中のオーナーの話によると、
「新種?のイワナを放流したが、生育が遅く、定着が難しかった」
とのこと。
イワナのフライを見切る反応に納得!
イワナは産卵行動に入っている個体が多く、フライを落とすのに、躊躇した。
 
反応がありすぎて、本当は最上流まで行きたかったが、本格的な山岳渓流に入る手前でフライが使い切り、終了
 
詳細は、https://100sai-hukutyan.com
*アップは、2022.10.4を予定しています。
新着フライフィッシングブログ
プロフィール写真
◆2022年11月27日
キングフィッシャーさん
プロフィール写真
◆2022年11月17日
西洋毛ばり人さん
プロフィール写真
◆2022年11月16日
キングフィッシャーさん
当サイトに掲載の記事・動画・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright©2022 フライフィッシング データバンク. All Rights Reserved.