フライフィッシング データバンク

フライティペット|フライフィッシング データバンク

日本の渓流でイワナ・ヤマメをフライフィッシングで釣るためのティペットについて紹介しています。

フライフィッシング動画
渓流フライフィッシングブログ
マイページ
フライフィッシングデータバンク・フェイスブックページ
WILD-1スタッフと歩く飯豊連峰・秘密の源流
ティペット
ティペットという道具に要求される性能は、引っぱり強度、結束強度、ヨレにくさ、しなやかさといったところ。国内で一般に販売されているティペットは、これらの要求性能に対して大きな問題はないだろう。
材質は大別して、ナイロンとフロロカーボンとがある。フロロカーボンは沈みやすいのでドライフライには向かないが、光の屈折率が水に近く渓魚に気付かれにくいことから、ミッジの釣りで使用されることがある。

渓流域でイワナやヤマメをフライフィッシングで狙う場合、ティペットの太さは使用するフライの大きさによって変えるのが望ましい。#20以下のミッジフライなら8X~10X。#18~#16のフライでのマッチザハッチなら7X。#14~#12の釣り上がりでは6X。#12より大きなフライなら5Xといったところが目安だ。
ミスティープラスティペット
ミスティープラスティペット
スーパーティペット マスタースペック(ナイロン)
スーパーティペット マスタースペック(ナイロン)
ウルトラ ティペット
ウルトラ ティペット
フライライン・リーダー・ティペット
フライライン
新着フライフィッシングブログ
プロフィール写真
◆2018年10月16日
あくあさん
プロフィール写真
◆2018年10月14日
釣りバカ先生さん
プロフィール写真
◆2018年10月3日
Yukariさん
当サイトに掲載の記事・動画・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright©2018 フライフィッシング データバンク. All Rights Reserved.